Blogブログ

スタッフによるブログです

髪の毛のパサつきが気になる方にオススメ艶カラー

艶カラー

カラーリングをするときにどんな色にするかはとても大切ですが、仕上がりに艶のある綺麗な髪の毛にすることも印象を大きく変えられるため叶えたい仕上がりですよね。パサついていると髪の毛のダメージが目に見えて伝わってしまうためせっかくカラーリングをしてもなんだか満足度が足りない、という風になってしまいます。そんな、髪の毛がパサパサしてしまいやすい方にオススメのなのが艶カラーです。艶カラーはどんなカラーなのかご紹介していきます。

艶カラーとは

艶カラー

カラーリングをした後、髪の毛に艶が出せるカラーです。施術前や施術中などに毛髪補修効果のある専用のトリートメント処理剤を塗布・混ぜることによってカラーの施術ダメージを抑え艶のある深い色味にしていきます。深みを出すために色味を複数合わせることもあり、中でも紫色は特に艶を作る手助けをしてくれます。また、トリートメント効果ではなく髪の毛のダメージを抑えることができるイルミナカラーもツヤカラーを叶えることができます。

艶カラーはダメージが低い?

艶カラー

艶カラーは髪の毛へのダメージ抑えながらカラーリングできます。カラー剤に混ぜたり施術の前後に髪の毛につける専用のトリートメント処理剤の効果で、通常のカラーよりダメージを抑えることができます。水分が抜けてパサパサしやすい髪の毛の方もしっかりと栄養を補いながらカラーリングすることでツヤのあるまとまった仕上がりになります。特にダメージの一因となる金属イオン(銅)とカラー剤の過剰反応を抑える『マイクロライトテクノロジー』が備わっているイルミナカラーなどのダメージ低減効果が備わっているカラー剤を合わせて使うこともより一層仕上がりを美しくすることに繋がります。

艶カラーの色持ちは?

艶カラー 色持ち

ツヤカラーは通常のファッションカラーに比べて持ちが良くなります。施術前、施術中などに毛髪補修効果のある専用のトリートメント処理剤を塗布・混ぜることによってカラーの施術ダメージを抑えることができ、栄養分によって髪の毛の状態を健康な状態に保つことができるためカラーリングによって髪の毛の中に入れた色素が出て行ってしまうのも抑えることができます。

艶カラーと相性の良い色

艶カラーは髪の毛のダメージを軽減することで仕上がりに艶を出すことができますが、色味によっても艶が出やすいカラーがあります。ではカラーリングをするときにどんな色が艶を出しやすいのでしょうか?艶カラーにオススメの色を紹介します。

ラベンダーカラー

ラベンダーカラー

紫味が特徴のラベンダーカラーは艶カラーを考えている方に特にオススメです。艶カラーでのポイントはカラー配合の際ヴァイオレットを足してあげることです。ラベンダー系は紫味をメインとした色素の構成で作るので、相性がとても良く、特に少し深みを出したラベンダーとブラウンの組み合わせは上品さもあり年代を問わずオススメ出来るカラーです。

アッシュカラー

艶カラー

しっかりとトーンダウンもできるアッシュカラーも艶カラーにオススメです。髪の毛の赤みを消してくれるアッシュの色味は憧れる方も多い外国人風カラーを叶えることができる人気のカラーです。仕上がりに艶を出すことでより綺麗に外国人風カラーの仕上がりを楽しむことができます。また、アッシュ系でよく聞くのが髪の毛が緑がかった色になってしまったというお悩みですが、紫味が加わることで緑になるのを防ぐことができます。緑になる理由はベースの髪の毛が黄色っぽくなっているからです。そのため紫と組み合わせることで緑になることも防ぐことができます。

艶カラーを長持ちさせる方法

カラーリングでツヤのある仕上がりにしてもらっても家に帰るとすぐ元の髪の毛に戻ってしまうと言う方もいると思います。できることならカラーリング直後の艶カラーをおうちでも長持ちさせていですよね。そこで艶カラーを長持ちさせる方法をご紹介します。

リタッチカラーをする

艶カラー

毎回全体カラーをするのもいいですが、毛先の退色した色味が気にならないようであればリタッチカラーと全体カラーを交互にすることをオススメします。艶カラーは髪の毛のダメージがなるべく少ないほど持ちが良くなります。艶カラーといってもカラーリングをすることには変わりないため少なからずカラーリングによる髪の毛へのダメージはあります。そのため毛先にカラーリングをしない時を作ることで髪の毛へのダメージが抑えられるため全体のカラーリングをした時に艶カラーを長持ちさせやすくなります。

トリートメントで栄養を補う

艶カラー トリートメント

艶カラーは髪の毛の状態が健康であるほど長持ちしやすいカラーです。健康な髪の毛は水分、油分、栄養分がバランス良く含まれているためカラーリングや日常生活による髪の毛のダメージによって失われがちな栄養分を補うことで艶カラーの持ちにつながります。艶カラー自体はトリートメントのように髪の毛の状態をプラスに持っていく力は弱く、あくまでマイナスにならないようダメージを抑えることが特徴なので、トリートメントは別ですることをお勧めします。

髪の毛の乾かし方に注意する

ホリスティックキュア ドライヤー

髪の毛の乾かし方を少し気をつけるだけで艶の長持ちにつながります。髪の毛の艶は、髪の毛一本一本のキューティクルが並んだときに荒れが少なく、光を受けたときに同じ方向へ反射するようになっています。このキューティクルが開いたり荒れていると受けた光を乱反射してしまい、艶がないように見えてしまいます。髪の毛のキューティクルが固定されやすいのは熱が加わってその熱が抜けていくとき、つまりドライのときになります。なので手ぐしを通して髪の毛表面のキューティクルを閉じられるようにしたに向かって乾かすことでキューティクルを整えることが出来ます。乾燥と乾かすのは似ているようで違うことなので、パサパサしやすい・艶がない方は乾かしすぎにも気をつけながら丁寧に髪の毛を乾かしてあげてください。

まとめ

艶カラー

今回は艶カラーについてご紹介しましたがいかがでしたか?髪の毛に艶がないと気分も落ち込むし鏡を見る度悩みが大きくなってしまいます。髪の毛に艶があるだけで見た目の印象も明るく見せることができるため、せっかく綺麗にカラーリングをするのであれば仕上がりに艶のあるカラーを体験してみたいですよね。艶のあるカラーでパサつきをなくして綺麗な髪の毛を叶えたい方は是非ご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの