Blogブログ

スタッフによるブログです

話題のイルミナカラーにハイライトを入れよう

イルミナカラーハイライト

外国人風カラーでも人気のあるハイライトカラー。外国人風カラーといえばイルミナカラーも人気ですよね。ブリーチはしたことがないけれどハイライトをやってみたいという方もいるのでしょうか?そこで今回はハイライトをしてからイルミナカラーをした魅力についてご紹介します。

ハイライトとは

ハイライトとは髪の毛全体ではなく毛束ごとに明るい色を入れるカラー技術で、基本的にはブリーチ剤をつかって髪の毛のトーンを明るくします。トーンを明るくしてくれるので仕上がりに立体感が出て印象を明るくすることができます。明るいところと暗いところができるため同じ色味で染めても違う発色や退色の仕方をするため全体のブリーチは勇気がいるけどいつもと少し違った雰囲気にしたいという方におすすめさせていただけるカラーになっています。

ハイライトはブリーチ絶対に必要なのか

ハイライト部分は基本的にブリーチを使って髪の毛を明るくします。しかし全体の中で明るいところを作るのはカラー剤でもできます。しかし仕上がりを比べた時に少しずつ違いが出てくるため、ハイライトを入れるにあたってブリーチをするのとしないのとでは何がちがうのかをしっかりと比較していきましょう。

ブリーチなしの場合

ブリーチをしないでハイライトを入れる場合はカラー剤の中でも明るいトーンの薬剤を使います。全体的にしっかりとハイライトを出すというよりは良く見ると自然に明るいところが出るイメージです。ハイライト部分の仕上がりをあまり明るくしたくない方や色味の差をあまり出したくない方はブリーチをしないでハイライトを入れるのもオススメです。ブリーチなしでハイライトカラーをするとブリーチによる髪の毛のダメージを防ぐことができるので髪の毛のダメージを抑えて自然にカラーリングしたい方にオススメです。

ブリーチありの場合

ハイライトをブリーチを使って入れると立体感をしっかりと出すことができます。しっかりと髪の毛のベースを明るくできるので上からカラーリングをした時にハイライト部分もしっかりと出すことができ、仕上がりの印象を大きく変えることができます。どのくらいの量のハイライトを入れるのか、1本の太さはどれぐらいにするのかで仕上がりの明るさや印象が変えられるのがブリーチでハイライトを入れる大きなメリットです。

イルミナカラーでハイライトをやる魅力

ハイライトを入れてからカラーリングをするときはイルミナカラーをオススメします。イルミナカラーは理髪の毛のダメージをしっかりケアしながらカラーリングができるのが特徴です。ブリーチや明るいトーンの薬剤を使ってハイライトを入れたところは2回カラーの薬剤がつくことになるためイルミナカラーを使うことで少しでもダメージを軽減することができます。また、イルミナカラーは仕上がりに透明感を出すことができるためハイライトと相性良く理想のカラーを叶えることができます。

ハイライトを成功させるには

ハイライトを成功させるにはまず自分がどのような仕上がりでハイライトを入れたいかが重要になってきます。ハイライトと言っても入れ方が様々で一種類というわけではありません。ハイライトの本数や入れる場所、太さによって仕上がりが変わってきます。また、入れたい色味によっては全体をブリーチしてからしないといけない場合や色々なケースを考えられるので、仕上がりのイメージ画像を用意したりしっかりとカウンセリングで相談することで失敗しない希望のカラーを楽しむことができます。

ハイライトを入れた後のホームケアの方法

ハイライトを入れるとホームケアが大切になってきます。なぜかと言うと、ハイライトを入れると髪の毛の場所によってダメージレベルが違う髪が存在することになるためしっかりとホームケアをしてあることが必要です。そうすることで髪の毛の状態を綺麗に保ち髪色も長持ちさせることができるので、ホームケアの方法についてご紹介します。

シャンプートリートメントはサロンのものを使う

オージュアシャンプートリートメント

シャンプーやトリートメントは出来るだけサロンで販売しているものをオススメします。市販のシャンプーは洗浄力が高いものが多く、頭皮や髪の毛から必要以上に油分を取りすぎてしまう可能性があります。そうすると髪の毛がパサついたりキューティクルが開いて枝毛の原因にもつながります。毎日使うものなので、髪の毛への負担が少ないものを継続して使うことでダメージもしっかりと抑えながら髪の毛を綺麗に保つことができます。

アイロンの熱は低めにする

髪の毛はアイロンやコテの熱によってダメージを受けてしまいます。高温の熱を髪の毛に入れることで髪の毛の中にある水分が一気に蒸発してしまい髪の毛の負担になってしまいます。なるべく低めの温度で140〜160度を目安に使ってみてください。キューティクルのダメージを抑えることでキューティクルの開きやパサツキも抑えられるので色持ちも良くなります。

濡れた髪の毛は素早く乾かす

ホリスティックキュアドライヤー

髪の毛は濡れたままにしておくと、キューティクルが開いたままの状態なので摩擦で枝毛の原因になってしまいます。また、キューティクルが開いたままの状態だと髪の中に入ったカラー剤が隙間から出てしまいカラーの退色が早くなってしまいます。そのため出来るだけ濡れた髪の毛は早く乾かしてしまいましょう。そうする事によってダメージを和らげ色持ちを良くしてくれます。

まとめ

イルミナカラーハイライト

今回はハイライトカラーについてご紹介させていただきました。ハイライトはブリーチや明るいカラーで立体感をしっかりと出してくれるのでため、全体のブリーチは避けたいけど印象は変えたいという方にとてもオススメのカラーです。今流行りで話題の外国人風カラーもハイライトを入れてイルミナカラーでカラーリングすることでより近づけることができます。気になる方は是非ご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの