Blogブログ

スタッフによるブログです

リタッチカラーでダメージを抑えてお洒落ヘアにしよう

リタッチカラー

カラーをしてから1ヶ月以上間があくと、根元のプリンが気になる方は多いのではないのでしょうか?今回は、そんな方のためにおすすめなリタッチカラーについてご紹介させていただきます。

リタッチカラーとは?

リタッチカラー

リタッチカラーとは、根元部分のみをカラーする方法です。白髪染めやお洒落染めと同様で、ヘアカラーの施術方法の一つになります。個人差がありますが髪の毛は約1ヶ月毎におよそ1cm程伸びるので、前回のカラーで髪の毛を染めた部分に対して、根元部分から地毛が伸びて染めた部分と、染めてない部分に色が分かれてきてしまいます。また、前回のカラーで染めた髪の毛の色によって異なりますが1cm位の伸びの差であればあまり目立ちませんが、2ヶ月も経ってくると根元は2cm以上は伸びていて、根元の部分とカラーをした部分との髪色の差がかなり目立ってしまいます。そんな時におすすめなのが、根元のみをカラーするリタッチカラーです。

リタッチカラーのメリット・デメリットとは?

リタッチカラーのメリットとデメリットをそれぞれご紹介させていただきます。

メリット

ダメージを抑えることができる

リタッチカラー

リタッチカラーは、全体をカラーするわけではなく根元のみのカラーになるので、ダメージを最小限に抑えることができます。1ヶ月に1度のペースでカラーをすると、髪の毛へダメージがかかってしまいます。そのため、カラーをしたあとの次のカラーは、全体へのカラーではなくリタッチカラーをすることで髪の毛への負担を抑えることができます。

コスパが良い

リタッチカラー

リタッチカラーは基本的に、全体をカラーするフルカラーよりも値段が安く設定されています。そのため、前回のカラーが気に入っている場合はリタッチカラーにすると、コストを抑えて綺麗なカラーにすることができます。

デメリット

全体のカラーチェンジができない

リタッチカラー

リタッチカラーは、根元のみのカラーになるため、中間から毛先の色味を変えることができません。そのため、ダメージは抑えることができますがカラーチェンジを楽しむことはできなくなってしまうので、全体の色味を変えたい場合はフルカラーがおすすめです。

リタッチカラーに関するQ&A

実際にご来店されたお客様からの、リタッチカラーに関するご質問をQ&Aでまとめてみたのでご紹介させていただきます。

Q.リタッチカラーは傷むの?

リタッチカラー

A.普通のカラーと一緒でダメージはしてしまいます。しかし、根元の部分だけを染めていくので、中間から毛先へのダメージはありません。できるだけダメージを抑えて、綺麗なカラーを維持したい方にはリタッチカラーがおすすめです。

Q.リタッチカラーの頻度はどれくらい?

リタッチカラー

A.髪の毛は大体1ヶ月で1cm伸びるので、根元のプリンが気になってくる1ヶ月〜2ヶ月くらいの頻度がおすすめです。

Q.白髪染めで使用するカラー剤とリタッチのカラー剤の違いは?

リタッチカラー

A.白髪染めの場合は色素が濃いのでしっかり染まりまる反面、色は明るくしづらいです。リタッチカラーで使うカラー剤は、お客様のご希望や用途に合わせて配合させていただきます。

まとめ

リタッチカラー

今回はリタッチカラーについてご紹介させていただきました。リタッチカラーは、フルカラーに比べてダメージを抑えることができて、コスパも良いのでメリットが沢山あります。髪の毛のダメージが気になる方は是非一度お試ししてみてはいかがでしょうか?ご予約、ご相談などお待ちしております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの