Blogブログ

スタッフによるブログです

ブリーチとヘアカラーの違いとは?ブリーチありのダブルカラーでイメージ通りの髪色になれる!

この記事を読むのに必要な時間は約11分です。

皆さんは、透明感のあるきれいな発色のある髪色の写真に憧れたことはないですか?きっと、こんな感じの髪色にしたい!と思うときはだいたい、あの髪色やりたい!ってインスタで見つけた写真!いざ、美容室に行ったら「ブリーチしないと無理だよ」「2回カラーしないとできないよ」「普通のヘアカラーの金額と違うよ」なんてたくさんの違いを言われてこまったことないですか?

1度ブリーチをしてその上からカラーリングを入れるダブルカラーが必要になります。しかし、ブリーチと普通のカラー何が違うのかわからない。というお客様のために、ブリーチと普通のカラーについて書いてみました。ダブルカラーをしたいけどブリーチは髪が傷むの??という気になる方もおおいのではないでしょうか?ブリーチのメリットやデメリット、ブリーチあり、ブリーチなしの髪色の違いなどを紹介してみたので参考にしてみてください。

実今流行っているカラーがダブルカラーだからです。ダブルカラーとは文字の通り2回カラーリングうすることを言います。ますブリーチします。そのあとヘアカラーで染めます。2回染めることで、流行りの透明感や助感のある発色が良い髪色に仕上がるのが特徴です。だけど、ブリーチって痛む?って聞いたことが、、、そんな悩みありますよね。今回は、ブリーチありの話を中心に今流行りのブリーチを使ったダブルカラーでできる人気のあるカラーリングをご紹介します。

ブリーチをする3つのポイント

①カラーの髪色に透明感がでる
ブリーチをしてその上からヘアカラーをすると、日本人では出ないような開国人のような透明なヘアカラーができます。特に硬い髪質やオレンジ色に退色してしまう髪質やいつも希望のカラーにならないときは、ブリーチをしてカラーを重ねることで黒髪や暗髪でも透明感がある髪色に必ずなります。

②明るめのカラーでも黄色くならない
髪の毛が明るいハイトーンにしたい方は普通のカラーではなくブリーチをしたハイトーンのカラーが人気です。普通のカラーではできない明るさのヘアカラーが手に入るだけでなくブリーチをして上からカラーを入れることでホワイトブリーチのような白いヘアカラーの髪色にすることもできます。

③その髪色できないなんて言われない
ブリーチの最大のメリットは、できない色がないということです。せっかくインスタで気に入ったカラーを見つけて美容院に行ってもブリーチをしないと無理だよ!なんて美容師さんに言われることはなくなります。つまり、1度でもブリーチをしたら自分のなりたいカラーや髪色ができるのです。

ブリーチとカラーの違いって?

ブリーチと普通のカラーは全然違います。ブリーチとは、髪の中の色味を抜くことです。普通のカラは、髪の毛に色を染めることです。ブリーチは髪の中の色味を抜くことで、ヘアカラーは、髪に色をいれることをいいます。

ダブルカラーとは?


ダブルカラーとは、髪をブリーチで抜いてからをしてから1度流してさらにカラーを入れる施術のことです。secretではますブリーチで脱染してオレンジや赤みのある色素を抜きます。その後に、希望するヘアカラーで染めることで日本人には出せない透明感のある柔らかい色味を作ることができます。ちなみに、さらにハイライトやローライトを入れる場合は3回カラーリングをすることになりトリプルカラーと言います。

ダブルカラーのデメリットとは?

ダブルカラーのデメリットは痛むの?


ダブルカラーをする上でこれだけは覚えておきたい!ということを書いておきます。それは、ダブルカラーでブリーチを使用するために髪が傷みやすい状態になることです。そもそも、ブリーチとは、色を抜くことを目的にできたせんもうざいなので髪の色素を壊します。ブリーチを繰り返すと希望の色が入らなくなったり切れ毛や髪の毛の乾燥や枝毛につながります。ブリーチのあとは、ブリーチ専用のカラーシャンプーやホワイトシャンプーを使って髪のケアを意識しましょう。

何度もブリーチやハイライトを繰り返している髪やダブルカラーをしている方は色が落ちしやすいくなります。ブリーチは最低限で抜き極力髪をいためさせないようにします。どうしても希望する色味があるときは、ブリーチではなくハイライトを入れることで髪の毛を全部染めないで痛みを抑えることができます。

1回でもブリーチをした髪の毛は、パーマがかけられません。しかし、パーマがかけられない!というデメリットを教えてくれる美容師さんもいません。ブリーチを使用するダブルカラーをしたらパーマがかからないことを覚えておきましょう

ダブルカラーのメリットとは?


ダブルカラーのメリットは黒髪や暗髪に入れても透明感のあるきれいな髪色になることです。ブリーチをするときに大きな問題は自分の希望する色を選ぶのか、痛みを抑えた普通のカラーにするのかに分枯れます。美容室に通い自分の希望する髪色が3回やっても出ないときは、ブリーチを使ったダブルカラーをやっても後悔することはないです。また、初めてブリーチをする方と、何度かブリーチをする人では髪の痛みの受け方が違います。今流行りの色を手に入れるのであれば1度のブリーチくらいでは極端に髪が痛むことはありません。ブリーチは痛むという人がいますが、施術にはメリットもデメリットもあります。デミリットを知ることでダブルカラーをしたことを後悔することはないでしょう。

なんでこんなにダブルカラーが流行っているのか?それは、日本人には再現できない外国人みたいな透明感のある透ける髪色をにしたい方が多いからです。ブリーチなしで再現できる髪色よりブリーチで表現できるヘアカラーのほうが色の表現が豊富です。ブリーチを使用したダブルカラーは次回はブリーチなしでカラーリングをすることもできます。ブリーチをした髪
であれば、原色のようなカラーを入れることもできますよ。

ブリーチとカラーの料金を教えて

通常のブリーチは12960円です。通常のシングルカラーの料金は6480円です。 ブリーチカラーは通常のカラーと比べてブリーチ+ワンメイクカラーと2段階構成になるのでお時間をいただく分お値段が高めになります。

しかし、セットになっているプランを選ぶことで、料金をおさえることができるので予約をする際はダブルカラーができるプランがあるかスタッフにお気軽に聞いてみてください

ダブルカラーの料金やかかる時間は?

お客様の髪の毛の長さや、量、又は過去に受けた施術(パーマ、縮毛、黒染め5トーン
以下) の、履歴、トリートメントやブローの仕上げによるのとやりたいヘアカラーによって個人差がございますので目安3時間〜4時間いただく場合がございます。

セットになっているプランを選ぶことで、料金をおさえることができるので予約をする際はダブルカラーができるプランがあるかスタッフにお気軽に聞いてみてくださいね。

ブリーチありorなしの髪色の違いとは?

ブリーチありの髪色は、髪のメラニン色素を抜いているので髪の赤味はなく、黒髪よりも格段に明るくなります。髪に透明感のある外国人風なカラーリングができます。ブリーチなしの髪色は、髪にメラニン色素があるため、髪色は暗く、日本人のほとんどは赤味のある髪色をしています。光に当たると透明感は出にくいですが、髪のツヤはとても良くでます。

ブリーチありの髪色
・髪の赤味を抜いてくれる
・トーンアップが簡単にできる
・透明感を出す外国人風なカラーができる
・髪色の抜けが早い
・髪へのダメージが大きい

ブリーチなしの髪色は
・髪の明るさは暗い
・髪にツヤがある
・髪のダメージは少ない

ブリーチあり選べる髪色の見本

・ブリーチありパープルアッシュ

ブリーチありパープルアッシュ

ダブルカラー応用編カラーといえばこのハイトーンカラーの髪色です。アッシュをベースに毛先はピンクにしたグラデーションカラーの髪色が人気です。ブリーチの回数は2回入れました。ダブルカラーの暖色になるとオレンジや黄色に抜けてしまうんでないか?とよくお客様に聞かれますがベースをグレーにして表面にピンクを入れてるので色が抜けていくとミルクティーベージュになるように設定しております。

・ブリーチ髪色レシピ

根元〜中間 7グレー+7ピンクアッシュ 2:1 4.5%で毛先 11ピンクアッシュ+11グレージュ 3:1で3%で自然放置で20分です。

・ハイライト(ブリーチ)

シャンプー台で9トーンのラベンダーアッシュをのせて黄色を打ち消してホワイトパープルにします

ダブルカラーブルージュ

ダブルカラーブルージュ

お客様の現状の髪の毛の状態にもよりますがリーチは1〜3回必要です。パープルラベンダーをベースとしたデザインですので補色の黄色を打ち消しブルーパープルをいれて色が抜けてもシルバーやグレーになるように設定してます。ブルーを入れることによりくすむので色の抜け方がグレー寄りになります。これをラベンダー単品で染めるとブルーがないのでくすみがなく透明感のあるシルバーになります。

・ブリーチ髪色レシピ

ブリーチ後に全体カラーパープル10+ブルーサファイア10 3% 3:1で20分放置

トリプルホワイトアッシュ

トリプルホワイトアッシュ

ブリーチありトリプルホワイトアッシュがかわいい!外国人風カラーに飽きた人は細いハイライトを入れt毛束感を出せば、重たく見える髪の毛にも動きが出ます。ブリーチベースですがハイライトとローライトを入れ動きと立体感を出し、ベースカラーをナチュラルな透明感に少量のマットグレーとカーキカラーを乗せて秋冬のトレンドに合うようにしてます。

・ホワイトアッシュの作り方

1普段巻く位置を想定して前上がりの長さに合わせてからブリーチグラデーション

2ブリーチハイライトを顔まわり、ネープ、耳付近にどこからでも可愛く綺麗なハイライトを入れます。

3全体を明るくボケないように6トーンのブラウンをミックスしたローライトをハイライトの下に入れてます。

・ブリーチ髪色レシピ

根元〜中間 7マット+7マットグレー 3:1 3%

毛先 12マット+12グレー4:1 3%

赤みを打ち消すマットを中心にいれてるので色が抜けても赤オレンジにならずらく透明感のあるベージュに色が落ちていきます。

ホワイトネイビーカラー

どんなに赤みが強くても薬液のレシピとデザイナーの腕次第

ブリーチ3回

ブリーチ3回ホワイトブルージュ

色抜けをグレーよりのシルバーにしたい方印象をカッコいい強め、ストリートスタイルにしたい方オススメです。髪の毛の状態がブラウンや暗い髪の毛の方はブリーチ2〜3回 (ブリーチ20〜30分放置)ブリーチ履歴がある方はブリーチ1回 です。グラデーションカラー ¥10800(税込)

施術プロセス〜グラデーション

①コテで巻く位置を確認後、中間から毛先にかけて境目がパタンと切れないようにブリーチグラデーション(白みがかった黄色まで抜けたらOK)

②ブリーチを流した後塗るお薬を分けてグラデーションで塗ります。

根元〜中間 5サファイア 単品毛先 13サファイア 単品

ここで塗るときに5トーンの青が毛先にかからないようにするのが大切です。

ブリーチあり黒髪

ブリーチあり黒髪

全体をブリーチなしで赤みのないネイビーカラーです!淡いブルーとくすみのあるグレーを1:1にして透明感のあるスタイルにしてます。色抜けも赤みもオレンジみも感じさせないアッシュブラウンに落ちていきます。ハイライトはブリーチとアルミホイルを使用してギャルぽくならないよう細く深くとっていくことで巻きスタイル、ストレートスタイル、アレンジスタイル女性のライフスタイルに合わせてヘアカラーデザインを楽しめるように入れてるのが肝です。

※元々ブリーチしてる髪の毛なら尚更

色味は強く出て、ブラウン(赤みor黄色味)が強い方は暗く見えます!

・全体ブリーチをしてこのスタイルにする場合プロセス

① 全体ブリーチ

② ブリーチハイライト

③7トーンのネイビーカラーでワンカラー

・金額と時間

3時間半(毛量、長さ、履歴によります)

¥16200

・全体ブリーチをせずにする場合プロセス

①ブリーチハイライト

② 全体ワンメイクカラー6トーン ネイビーカラー

③ シャンプー台にてブリーチしたホイル部分に

色味をホワイトに変えていきます。

・金額と時間

二時間半〜(毛量、長さ、履歴によります)

¥9720円(税込)

256

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの