Blogブログ

スタッフによるブログです

今挑戦したいハイトーンカラーのおすすめヘアカタログ

美容室でやりたいカラーの色をオーダーした時、ブリーチが必要ですと言われたことはありませんか?透明感のあるカラーや明るいカラー、淡い色味のカラー。その中でも特に、明るいハイトーンカラーをやりたいと思ったことがある方も多いと思います。しかし初めてブリーチをするという方は不安もあると思います。ブリーチをすると本当にやりたいカラーができるのかな?1回でできるのだろうか?今回はそんなハイトーンカラーの魅力についてご紹介していきたいと思います。

ハイトーンカラーとは

ブリーチありハイトーンカラー

仕上がりの明るさが明るいカラーがハイトーンカラーです。ベースを明るくした髪の毛の上から明るい色のカラー、淡い色味を載せることで透明感のあるカラーリングができます。カラー剤で髪の毛のベースを明るくするには限界があるため、基本的にはブリーチを使って髪の毛の中の赤いメラニン色素を分解した上からカラーリングするのがハイトーンカラーです。明るいからこそ伝わる色味の鮮やかさに魅力を感じる方も多いのではないでしょうか?

ハイトンカラーの魅力

ミルクティーカラー

では、ハイトーンカラーにするとどんないいことがあるのでしょうか。カラーの魅力は色によってそれぞれありますが、ハイトーンカラーの魅力はなんでしょう?ブリーチが必要となってくる中で、やろうかやらないでおこうか次のカラーの決め手となることの中に魅力がありますよね。ハイトーンカラーの魅力についてご紹介します。

色落ちが楽しめる

イルミナカラー 退色

色味によって色落ちは変わってきますが、ハイトーンカラーで淡く色を入れた後も色落ちを楽しむことができます。例えばブリーチをした後の黄色味が気になる方は、ネイビーやパープル系のカラーを入れることで黄色みを打ち消しながらだんだんとミルクティのような色落ちにすることも可能です。やりたい色を入れてから色落ちお楽しむこともできますし、反対にどんな風に色落ちをさせたいのかで入れる色を決めるという楽しみ方ができます。

できるカラーの幅が広がる

ハイトーンカラーは暗めのカラーでは出せない透明感や色味を出すことができ、たくさんの人が憧れる外国人風カラーもハイトーンで叶えることができます。カラーはトーンが暗いほど色味が濃くなり明るいほど淡くなっていきます。ハイトーンカラーのようにベースの髪の毛の赤いメラニンを破壊して明るくすることで、上から色を乗せた時に発色を妨げるものがなくなります。そのため、表現したい色味がはっきりと出せるためやりたいカラーの幅が広がります。

ハイトーンカラーにする方法

ハイトーンミルクティーカラー

ハイトーンカラーにするには、ベースを整えてあげることが必要です。髪質、仕上がりの明るさ、色味によってベースをどこまで明るくするか、どれくらい赤みを取るかは変わってきますが基本的にはブリーチをする必要があります。ブリーチでベースを整えてから上から明るいトーンのカラーを入れてあげるとハイトーンカラーが出来上がります。ベースを明るくできればできるほど、明るい淡いカラーが可能になりますが、ベージュやグレー、アッシュ系など赤みのない寒色系のカラーは特にベースの赤みをしっかり取った状態にする必要があります。

おすすめハイトーンカラー

オススメハイトーンカラー

ここまでにハイトーンカラーについての説明をしてきました。憧れのハイトーンカラーでも、暖色系カラーと寒色系カラーで色味が変わると印象も変わってきます。そこで、実際にハイトーンカラーで染めた時のオススメの仕上がりを見ていただきたいと思います。分かりやすいように実際にお店にご来店したお客様のハイトーンカラーの仕上がりの写真と一緒に紹介していきますね。もし気になるカラーがあったらカウンセリングの際にご提示頂くと分かりやすいのでチェックしておいてください。

ミルクティベージュ

透明感ミルクティカラー

柔らかい印象に見せることができるベージュカラーの中でも人気の高いミルクティベージュ。ハイトーンの中でもミルクティベージュに憧れる方は多いのではないでしょうか?赤みを消した髪の毛でも暖かみを感じる、思わず触りたくなるようなカラーですよね。ブリーチの回数はお客様の髪の毛の状態によってそれぞれ異なりますが大体2〜3回必要です。髪質が細い方、赤みが少ない方は比較的少ない回数で憧れのミルクティベージュを叶えることができます。

アッシュグレージュ

アッシュグレージュ

ブリーチをしないでできる寒色系カラーで一番人気のグレージュカラーはハイトーンでも人気です。ハイトーンでしか出せない淡い色味と透明感に魅力を感じますよね。アッシュグレージュはアッシュ、グレー、ベージュを組み合わせたカラーです。寒色系のアッシュとグレーにベージュが組み合わさることで淡いグレーを出すことができます。また、仕上がりが暗く見えがちな寒色系カラーでも写真に見てわかるようにハイトーンならしっかり明るさを伝えることができます。

ピンクベージュ

ピンクベージュ

ハイトーンの暖色系カラーで人気なのはピンクベージュです。色味がしっかり伝わりやすいピンクと、印象を柔らかくしてくれるベージュはとても相性がいいのでおすすめです。ピンクだけだと少し派手に見えてしまいがちですが、ベージュと組み合わせて自然に暖かいカラーにすることができます。ベージュは馴染みやすいカラーでもあるので初めてハイトーンカラーをする方にとってピンクベージュは挑戦しやすいオススメのカラーです。

ホワイトベージュ

ホワイトベージュ

外国人のような赤みのないベージュカラーはハイトーンの中でも憧れる方は多いのではないでしょうか。一般的にブロンドヘアと呼ばれる色味になります。ブリーチを数回繰り返してしっかり赤みを消すことで叶えられるおすすめのハイトーンカラーです。今まで紹介してきたハイトーンカラーの中でも一番明るく、ベースのカラーも一番赤みを消す必要があります。髪質、髪の毛の状態にもよりますが3〜4回ほどブリーチが必要となってくる場合が多いカラーです。

ハイトンカラーの色持ちを良くする方法

ハイトーンカラーの色もち

ハイトーンカラーについてご紹介してきましたがいかがでしたか?やりたいカラーが決まって美容室で施術してもらう時に気になってくるのが色もちではないでしょうか?ハイトーンに限らずカラーリングをする人全員に共通するの色の退色。色もちは髪質や髪の毛の状態によって個人差がありますがブリーチをしたハイトーンカラーは髪の毛の中に入れる色味が淡いので色持ちが短く感じる場合があります。でも、しっかりケアをしてあげることで色持ちを良くすることはできるのでご紹介します。

当日はシャンプーしない

カラー剤が髪の毛にしっかりと定着するまでには24時間必要と言われています。まだカラー剤が定着していないうちにシャンプーをしてしまうと、キューティクルの隙間から色味がすぐに出て行ってしまう可能性があります。なるべく当日のシャンプーは避け、1日経ってからシャンプーをするようにしてください。どうしても気になる場合はぬるめのお湯で髪の毛をすすぎ、シャンプーはせずにトリートメントをつけて流してあげることをおすすめします。

カラーシャンプー、カラートリートメントを使う

カラーシャンプー

カラーシャンプーやカラートリートメントには、髪の毛の中に色味を補う力があります。カラーの色味が退色していってしまう過程で、少しでも出て行った色味と同じような色を髪の毛の内側に補ってあげることでカラーの色持ちを良くすることができます。メーカーによって色味の種類は違いますが、自分のカラーにあった色を使うことが大切です。色もちだけでなく、ベースの赤みを少しでも抑えたい場合にも使うことができます。カラーの薬剤ほどではありませんが、退色した後に出てくる赤みを打ち消すためにも効果的です。

ハイトーンカラーについてのQ&A

ハイトーンカラーのQ&A

最後に、実際にお店にご来店したお客様の中で特に多い質問について回答と一緒にご紹介します。初めてご来店される方や初めてカラーリングをハイトーンカラーをやりたい場合は不安なことや木になることが沢山あると思います。お客様がお店にご来店する前に、少しでも疑問に思っていることの解決に繋がれば嬉しいです。もし、他に気になることやわからないことがありましたらカウンセリングの時にもご相談ください。

Q.ハイライトでもハイトーンにすることはできますか?

A.ベースの髪の毛の明るさや仕上がり、ハイライトを入れる本数によって変わってきます。最初にも説明してありますが、ハイトーンカラーはベースの髪の毛の明るさを明るくした上から明るいトーンの淡い色味を入れていきます。元々の髪の毛が細く赤みが少ない場合やベースがカラーリングによって明るい状態になっているとハイライトの本数を沢山入れるとハイトーンにすることができます。しかしカラーリングが初めての場合や、元々の髪の毛が太く赤みが強い場合はハイライトでハイトーンにするのが難しい場合が多いです。

Q.黒染めをしている状態からハイトーンにすることは可能ですか?

ハイトーンカラー

A.黒染めをしている状態からハイトーンにすることは可能です。しかし、黒染めからハイトーンにするためにはまず一度黒染めを落としてその上からブリーチでベースを明るくしていく必要があるので通常よりも工程が多く時間がかかります。特に、綺麗に黒染めを落とさないとブリーチをした後の髪の毛にムラが発生します。ハイトーンカラーのように淡い色を入れる場合はベースの状態を綺麗に整えることが大切です。また、一度で綺麗に黒染め脱染ができるとは限りません。そのため髪の毛を黒くしないといけないけれどまた明るくすることを考えると黒染めせずにトーンダウンをしておくことをお勧めします。

まとめ

おすすめハイトーンカラー

今回はハイトーンカラーについて紹介させていてだきました。印象をガラッと変えることのできるハイトーンカラーは一度は挑戦してみたいですよね。どんな色味にしたいのか、今の髪の状態からやりたいカラーにするにはどうしたらいいのかしっかりと見極めて施術することが大切です。お客様一人一人に合ったご提案をさせていただきますので、ハイトーンカラーに挑戦したいという方は是非ご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの