Blogブログ

スタッフによるブログです

デジタルパーマとカラーは同時にできる?

デジタルパーマ

美容院でデジタルパーマやカラー中に同時に施術できるのか疑問に思ったことはありませんか。お店によっては同時施術をお断りしているところもあると思います。しかしできることなら一緒にやってもらいたいという方もいますよね。そこでデジタルパーマとカラーを同時に施術していく上で出てくる問題点や注意点などを説明していきます。

デジタルパーマとカラーは同時にできるのか

デジタルパーマとカラー

まず結論からいうと当店ではデジタルパーマとカラーを同時にやる事は可能です。しかし、髪の状態はお客様一人一人違うため必ず同時に施術できるとは限りません。同時施術は可能ですが基本的にはカラーリングとデジタルパーマの施術は一週間空けることをオススメしており、理由としては髪の毛にかかる負担や仕上がりをよくするためです。では同時施術をするとどうなるのか。どんな場合なら同時施術ができるのか。そしてデジタルパーマとカラーリングを同時にやるにはどうすればいいのかをご紹介していきます。

デジタルパーマとカラーを同時にするとどうなる?

デジタルパーマとカラー

基本的にはデジタルパーマとカラーリングは一週間あけることをオススメしていますが、デジタルパーマとカラーを同時に施術することを避けるのはどうしてでしょうか?同時に施術した場合どうなるのか気になりますよね。どちらを先に施術するかで仕上がりが変わってくるのでそれぞれご説明します。

デジタルパーマをしてカラーをした場合

デジタルパーマを先にかけた場合、髪の毛にカールが形成されてすぐカラー剤を乗せることになります。そうするとせっかく綺麗にかかったパーマのカールがゆるくなってしまうことがあります。パーマもカラーリングと同じく髪の毛にしっかりと定着するまでに少し時間が必要です。そのため一週間あけることが一番いいと言えます。せっかくかかったパーマはできるだけ綺麗にカールを長持ちさせたいですよね。

カラーをしてデジタルパーマをした場合

デジタルパーマとカラー

カラーリングを先にした場合、せっかく髪の毛に入れたカラーが色落ちしてしまう可能性があります。パーマ液は髪のキューティクルを開く作用があるので、内部で発色している色素が流出しやすい状態を作り出してしまいます。パーマ液は基本、髪の中間から毛先につけるため、色が落ちるのもその部分になる事が多いです。また、デジタルパーマは髪の毛に熱を加えてカールを形成します。カラーの色味が熱によって退色してしまうということが起こります。時間とともにカラーは退色していくものですができる限り色を長持ちさせて長くカラーを楽しみたいですよね。

デジタルパーマとカラーを同時にやる方法と注意点

デジタルパーマとカラー

デジタルパーマとカラーの同時施術は髪の毛のダメージが大きい場合やお断りしていることが多いです。しかしダメージが少なく同時施術が可能な場合はポイントを抑えることで施術が可能になります。では、デジタルパーマとカラーリングを同時に施術するにはどうすればいいでしょうか?

カラーはリタッチのみにする

リタッチカラー

カラーリングは根元のリタッチのみにして毛先にはデジタルパーマをかける方法があります。その場合はまず根元をカラーリングしてからパーマをかけます。カラーの色味を入れるのは根元だけなので、毛先の色が落ちてしまったりカラーとデジタルパーマ両方によるダメージを避けることができます。

デジタルパーマを先にやる

デジタルパーマ

毛先までカラーリングをする場合は先にデジタルパーマをかけてからカラーリングをします。その時に注意する必要があるのがカールのかかり具合を見極めることです。先ほども説明したようにデジタルパーマをかけた後にカラーリングをするとカラー剤の反応によりカールがゆるくなってしまうことがあります。そのためあらかじめかけるカールの強さを調節しておく必要があります。

薬剤選定に気をつける

デジタルパーマ

デジタルパーマをかける時に、デジタルパーマとカラーリングの両方による髪の毛へのダメージも考えながら薬剤選定することが大切です。最近ではダメージが少なく髪の毛に優しい薬剤が増えてきました。強すぎる薬剤や弱すぎる薬剤、カラー剤のトーンに気をつけて施術することが重要です。薬剤選定を間違えてしまうと髪の毛が傷んでしまったりパーマがかからない、かかりすぎた、カラーリングが思ってた色と違うと言った仕上がりになってしまいます。しっかりと一人一人の髪の毛にあった薬剤選定をすることで髪の毛のダメージを抑えながら失敗しない仕上がりにすることができます。

デジタルパーマとカラー後のケアの方法

デジタルパーマとカラーのケア

最後にデジタルパーマとカラーリングをした後のケアをご紹介します。しっかりとケアしてあげることで綺麗な髪の毛を保つことができます。髪の毛の状態で見た目の印象を変えることができるくらい大切なケアです。すぐに始められることが多いので是非参考にしてみてください。

トリートメントで栄養分を補う

サロントリートメント

デジタルパーマとカラーリングをした時にトリートメントのメニューも一緒に行うことがオススメです。トリートメントでしっかりと栄養分を補うことで髪の毛を健康な状態に保つことができます。髪の毛には水分と油分、栄養分のバランスが大切ですが、どれかが大きく減ってしまいバランスが悪くなるとカラーやパーマの持ちが悪くなってしまいます。しっかりと髪の毛の状態を整えて扱いやすい髪の毛にしましょう。

髪の毛をすぐに乾かす

ホリスティックキュアドライヤー

髪の毛が濡れている状態で放置してしまうとダメージの原因になります。濡れている髪の毛はキューティクルが開いている状態です。そのままにしてしまうとキューティクルの隙間からカラーの色味が出て行ってしまったり枝毛になってしまいます。しっかりと乾かしてキューティクルを閉じるようにしましょう。また、デジタルバーマは乾かすとしっかりカールが出ます。濡れている状態て放置してしまうとカールが垂れた状態で乾いてしまうのですぐに乾かして綺麗なカールを維持しましょう。

サロンシャンプーを使う

オージュアイミュライズ

市販のシャンプーは洗浄力が強いためサロンで販売しているシャンプーを使うことをオススメします。洗浄力が強いと髪の毛や頭皮の必要な水分や油分まで奪ってしまうことになります。髪の毛にかかる負担も大きくなるため髪の毛がパサついてしまう場合もあります。サロンで販売しているシャンプーは髪の毛に優しく必要な水分や油分を残しながら洗うことができます。カラーリングの色持ちやパーマの質感をよくすることができるので是非使ってみてください。

まとめ

デジタルパーマとカラー

同じ日にデジタルパーマとカラーを同時施術することができる場合について説明しました。髪の毛の負担を軽減しながらなるべく一度で施術を終わらせたい方もいますよね。基本的には1週間空けての施術がオススメですが髪の毛の状態や施術方法によって同時施術ができることもあります。そのためにはお客様一人一人の髪の毛の状態をしっかりと見極めることが大切です。もしデジタルパーマとカラーリングをやりたいという方は是非一度ご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの