Blogブログ

スタッフによるブログです

セルフカラーで失敗してしまったときの対処法とは?

ヘアカラー

皆さん普段カラーリングは美容院でしていますか?ご自分でお家でされていますか?お家でセルフカラーをされている方は、一度は失敗してしまったことがあるのではないでしょうか。今回はそんなセルフカラーで失敗を経験したことがある方に向けて、原因と対処法をご紹介させていただきます。

根元が明るくなって逆プリンのようになってしまった

ヘアカラー

根本のリタッチ部分のみカラーをして逆プリン状態になってしまったのであれば、薬剤の明るさの選択ミスです。根元から毛先までの全体をカラーして逆プリン状態になってしまったのであれば、根本へ薬剤を塗布する量が多かったのでしょう。もしくは毛先をダークトーンの薬剤でしっかり暗くしたことがあると、残留色素の関係で色が揃わない場合があります。

○対処法

対処法は、根本を暗くするか、毛先を明るくするかの二択です。お好きな方を選んで大丈夫です。ただ、髪の毛に強いブラウン味や赤味が残っている場合毛先を明るくすることが極端に難しくなりますので、根本を暗くすることをお勧めします。色を合わせようとピッタリを狙うのではなく、少し暗めのものを使うと失敗は少なくなります。

ムラになってしまった

ヘアカラー

原因は、ムラになってしまうことの原因は薬剤の塗布ミスです。塗れてなかったところがあったか薬剤の塗布量が少なかったということです。セルフカラーは自分の目で見えない部分がどうしても出来てしまうため、薬剤を塗布出来ないところが染まらずムラになってしまうことが多いです。

○対処法

ご自分で直すには少し難しいですが、同じ薬剤を使って暗い部分(染め切れなかった部分)を明るい部分に合わせましょう。手鏡を活用したり、三面鏡を使用すると見えにくい部分もカバーしやすくなります。

緑になってしまった

ヘアカラー

グリーン系の薬剤を使っていないのに緑になってしまったのでしたら、おそらく使用したカラー剤とアンダートーンの関係で補色が足りなかった可能性が高いです。アッシュ系カラー剤を使ったら緑になったというのをよく耳にしますが、ある程度明るくなって黄身が出てきてしまっている髪の毛にアッシュなどの青系カラーを入れると緑に傾きやすくなってしまいます。これは単純に、黄+青=緑になるためです。

○対処法

ムラサキシャンプーを使いましょう。黄味を打ち消す補色は紫色になりますので、紫色素を充填出来るムラサキシャンプーを使うことで黄味を抑え緑になってしまった髪色を改善してくれます。未然に防ぐにはバイオレット系の薬剤を用意して補色として使いましょう。アッシュ系カラー剤単品ではなくバイオレット系のカラー剤を10〜20%混ぜることでアッシュが緑になってしまうのを防ぐことが出来ます。

明るくなり過ぎてしまった

ヘアカラー

カラー剤を塗布してから洗い流すまでの放置時間が長過ぎたためだと思われます。バージン毛からセルフカラーする際に細くて軟らかい髪質の方がなりやすい失敗です。時間を置いているときに色味のチェックをしていたとしても、薬剤越しに見る色と流した後の色には差が出ますので注意が必要です。

○対処法

お好きな色味のカラー剤でトーンダウンしましょう。もし明るさが気になる場合はトーンを下げるしか方法はないので、暖色系寒色系お好きなカラー剤で髪の毛の明るさを落ち着かせましょう。またその際ブルーがよく入っている寒色系カラーにする場合は、緑に傾かないよう補色のバイオレット系カラー剤の用意も忘れずに。

まとめ

ヘアカラー

今回は、セルフカラーで失敗した時の原因と対処法をご紹介させていただきました。セルフカラーで失敗した時に自分で直すのは可能ですが、難しいと思います。直そうとしてまた別の失敗をする可能性もありますので、少しでも不安に感じる場合は美容院で直してもらいましょう。疑問点やご不安な点がある場合は、ご気軽にご予約、ご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの