Blogブログ

スタッフによるブログです

グレージュカラーで流行りの色を手に入れろ!

ブリーチなしグレージュカラー

グレージュカラーという言葉を良く聞くという方は多いのではないでしょうか?赤みを抑えた外国人風カラーの人気がまだまだ絶えない中、グレージュカラーが注目を集めています。外国人風カラーといえば、仕上がりに赤みがないので憧れている方もたくさんいると思います。皆さんはグレージュカラーがどんな色かご存知ですか?知らないことは多いと思います。そこで今回は、そんな流行りのグレージュカラーについてご紹介します。

グレージュってどんな色?

ラテグレージュ

グレージュとは、グレーとベージュを組み合わせた寒色系のカラーです。落ち着いた印象にしてくれるグレーと柔らかい印象にしてくれるベージュは、大人っぽい雰囲気を作り出してくれます。赤みが強い日本人の私たちは、赤みを消した透明感のあるグレージュに憧れる方も多いのではないでしょうか?そんな赤みのない外国人風のカラーをブリーチをしてもしなくてもそれぞれで叶えられるのがグレージュカラーです。

ブリーチするしないは何が違うの?

グレージュ

グレージュにするにはブリーチが必要な場合とそうで無い場合があります。ブリーチが必要かどうかは、やりたい仕上がりや髪の毛の状態によって変わってきます。日本人の髪の毛の多くは黒色ではないでしょうか?黒色の髪の毛の中には赤いメラニン色素が入っており、実はこの赤いメラニン色素がカラーリングの仕上がりに大きく関係してきます。特にグレージュやアッシュなどの寒色系カラーは赤いメラニン色素と反対の色味になるので、明るい色にするには特に、カラーリングする際ブリーチで赤みを消さないと綺麗に色味が入らない場合もあります。しかし、カラーリングを繰り返してベースの赤みが少ない場合や、仕上がりのトーンが暗い場合はカラー剤のみで赤みを消すことができる場合もあります。そこで、ブリーチをした場合としない場合で仕上がりの違いについて紹介します。

ブリーチあり

ブリーチ有りグレージュカラー

ブリーチの一番の魅力は仕上がりの色味です。明るい色、淡い色はブリーチをしたからこそ出せる色味です。ブリーチをしない場合と比べると透明感もグレーの色味もしっかり出すことができます。赤みが強く、硬い髪質の方でも外国人のような明るい色の透明感カラーを作れるのがブリーチでのグレージュカラーです。しっかり色味を入れるのがポイントで、だんだんと退色してくると暗く落ち着いたグレーから明るいベージュへと変わっていきます。

ブリーチなし

ブリーチなしグレージュカラー

ブリーチをしないでグレージュカラーにする場合は、ブリーチをした場合に比べると一度でできる色味は限られてしまいます。暗めの仕上がりの場合や髪の毛が細く、もともと赤みが少ない髪質の方はブリーチをしなくても透明感を出したり赤みを消すことができます。しかし、仕上がりを明るくしたい場合は髪質や髪の毛の状態により何度かカラーリングを繰り返してベースを作る必要があります。ブリーチをせずにベースを作ることができれば、ブリーチをしなくても憧れのグレージュカラーにできます。また、ブリーチをしない事でダメージも抑えることができます。

オススメグレージュカラー3選

ブリーチなしでもできるオススメグレージュカラー

グレージュがどんな色なのか、同じグレージュでもブリーチをする場合としない場合で仕上がりが違うことについて説明しました。ブリーチをするとできる仕上がりの幅は大きく広げることができますが、グレージュカラーに挑戦したいという方の中でもあまり明るくできない、ブリーチは避けたい、そんな方はたくさんいると思います。そこで、実際にお店にご来店したお客様の中からブリーチをしない場合でもできる特にオススメのグレージュカラーを紹介します。

ダークグレージュ

暗めグレージュカラー

ダークグレージュはブリーチなしでもできるおすすめのカラーです。仕上がりのトーンは暗くても、しっかりと赤みを消して透明感を出せるカラーです。重たく見えがちな暗めカラーも、赤みを消して透明感を出すことで柔らかい印象にすることができます。就活生や新社会人になる方に特におすすめです。また、ブリーチをした場合でも自然に暗くしながらグレージュカラーにすることができます。

シルバーグレージュ

暗めグレージュカラー

ブリーチをしている方や、カラーリングを繰り返したことでベースのトーンが明るくなっている状態からしっかりトーンダウンしたい方におすすめシルバーグレージュ。グレージュにシルバーを合わせることで明るくなってきた時に出る黄色みを抑えながら深みのあるカラーにでき、仕上がりが暗いトーンでもくすんだグレーにすることができます。グレーの色味をしっかり出す事ができ、長く色持ちをさせたいという方はシルバーグレーに挑戦してみてはいかがでしょうか?

アッシュグレージュ

ブリーチなしグレージュカラー

仕上がりをあまり暗く見せない8トーンのアッシュグレージュ。髪の毛の赤みがきになる人にとってアッシュはおなじみのカラーリングではないでしょうか?そんなアッシュにグレージュを合わせて仕上がりを8トーンにすることで濃い色味でしっかり、というよりは自然に赤みを抑えることで仕上がりが暗く見えるのを防ぎます。ブリーチをせずになるべく明るくグレージュカラーをしたい方や、お仕事で髪の毛の明るさが8トーンまでと決められている方にもオススメです。

自宅でできる、グレージュカラーを長持ちさせる方法

グレージュカラー

どんなグレージュカラーにしたいのか、参考になりましたか?グレージュカラーに限りませんが、カラーリングをした後にきになるのは退色ですよね。大体1か月〜1か月半のペースでお店にご来店する方が多いですが次回のカラーリングまでなるべく色は持たせたいものです。なのでここからは自宅でできるグレージュからを長持ちさせる方法についてご紹介します。日常生活にプラスするだけでできるので参考にしてみてください。

カラーした当日はシャンプーをしない

カラー剤が髪の毛にしっかりと定着するまでには24時間必要と言われています。まだカラー剤が定着していないうちにシャンプーをしてしまうと、キューティクルの隙間から色味がすぐに出て行ってしまう可能性があります。なるべく当日のシャンプーは避け、1日経ってからシャンプーをするようにしてください。どうしても気になる場合はぬるめのお湯で髪の毛をすすぎ、シャンプーはせずにトリートメントをつけて流してください。

シャワーの温度に気をつける

冬場は特に、熱めのお湯でシャンプーしてしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、お湯の温度が暑すぎると必要以上に髪の毛が膨張してしまい、その結果キューティクルの隙間から髪の毛の中の色味が出て行きやすくなってしまいます。お湯の温度は体温と同じ温度、38度前後が適温とされています。それより熱いお湯を使っている方は、38度を目安に温度調整をしてみてください。

カラーシャンプー、カラートリートメントを使う

カラーシャンプーやカラートリートメントには、髪の毛の中に色味を補う力があります。カラーの色味が退色していってしまう過程で、少しでも出て行った色味と同じような色を髪の毛の内側に補ってあげることでカラーの色持ちを良くすることができます。グレージュであれば紫シャンプー、紫トリートメントで色味を補ってあげることで赤みを抑えながら色持ちを良くすることができます。

アイロンの温度に気をつける

シャワーの熱と同じく、アイロンの熱もカラーの退色を早める原因になります。アイロンの温度が高いと髪の毛の中にある水分が一気に蒸発してしまい、水分と一緒に色味も出ていってしまいます。また、一気に水分を蒸発させてしまうと髪の毛に負担がかかってしまいます。しかし、髪の毛の太さはひとそれぞれ違い熱が入りやすいひととそうでないひとがいます。髪質に合わせて160〜180度でアイロンを使用するようにしましょう。

髪の毛はすぐに乾かす

髪の毛が濡れているときは膨張してキューティクルが開いています。そのままの状態で放っておくと、開いたキューティクルから色味が出て行ってしまいます。また、開いたままのキューティクルは退色だけでなく枝毛や切れ毛の原因に繋がります。なるべく早く乾かすようにしましょう。

サロンでできる、グレージュカラーを長持ちさせる方法

暗めグレージュカラー

自宅でできるグレージュカラーを長持ちさせる方法についてご紹介しましたが、美容室での施術を少し変えるだけでもグレージュカラーを長持ちさせることができます。担当の美容師さんにやりたい色をカウンセリングで伝えた際に色持ちや色落ちについても説明があると思いますが、こちらの方も是非参考にしてみてください。

暗めのカラーをオーダーする

カラーリングするときに、暗めの色をオーダーすると色を長持ちさせることができます。暗めの色は、明るめの色と比べて髪の毛の中に入れる色味が濃いため、退色するまでの期間が長くなります。しっかり暗めの仕上がりにすることで、色を長持ちさせながら退色も楽しむことができます。明るめのグレージュカラーをご希望される方も多くいますが、明るいカラーは退色の過程で通ることができます。最初に少し暗めにしてあげるだけでどちらも楽しむことができるので色を長持ちさせたい方は暗めにオーダーしてみてはいかがですか?

定期的にトリートメントでケアする

ホームケアに加えて、サロンでの定期的なトリートメントもカラーの色持ちを良くするポイントになります。サロンでのトリートメントは髪の毛の内側からしっかり内部補修ができるトリートメントです。日常生活やカラーリングでのダメージによって失われがちな水分、油分、栄養分をバランス良く補って髪の毛の状態を整えてあげることが大切です。もちろんお家での洗い流さないトリートメントといったホームケアをしっかりとしていただくことも大切なので、合わせてケアしていくことをオススメします。

グレージュカラーに関するQ&A

ここからは、実際にお店にご来店いただいたお客様から寄せられたグレージュカラーについての質問でよくあるものを解答と一緒にお答えしていきます。この記事を読んでグレージュカラーにしたいと思っている方の疑問をお店に来る前に少しでも解決できる参考になればと思います。

Q.初めてのカラーリングでもグレージュカラーはできますか?

A.初めてのカラーリングでも仕上がりによってはグレージュカラーにすることはできます。一度でグレージュカラーにする場合、ベースの髪の毛の明るさ、赤みの強さ、髪の毛の太さが大きく関係してきます。まず、初めてのカラーリングの場合はいわゆる黒髪の状態からの施術になります。赤みを消すグレージュカラーは、色味が濃い暗いトーンほど赤みを消すことが可能です。ブリーチをせずに黒髪からしっかりと赤みを消したい場合は暗めのトーンでの施術になるので仕上がりが大きく変わるというよりは自然に透明感を出すことができるという感じになります。明るめのグレージュにしたい場合は髪質が細かったりもともとの赤みが少ない場合はある程度明るさを出すことは可能です。しかし、しっかりと明るいグレージュにしたい場合はブリーチが必要になってきます。ブリーチの回数は髪質や仕上がりの明るさによってみなさん異なりますので担当の美容師さんにご相談ください。

Q.ブリーチをしている状態でグレージュカラーにしたら1週間持ちませんでした。

A.ブリーチをしている場合、していない髪の毛と比べると色落ちが早いのは一般的です。明るめの淡い色味を入れた場合だと特に色落ちは早く感じるかと思います。入れる色味だけでなく、ブリーチをしている髪の毛にどのくらいダメージがあるのかによっても色落ちの速さが変わってきます。1週間もたなかったのはこの両方の原因が大きいと思います。これまでの記事でグレージュカラーを長持ちさせる方法について、サロンでできる方法とお家でできる方法についてご紹介してあります。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

暗めグレージュカラー

グレージュカラーはトーンや色味の表現によって印象が変わってきます。理想のグレージュカラーにするにはどうすればいいのか、しっかりと髪の毛の状態を見極めることが大切です。グレージュカラーに挑戦してみたい方、今まで理想のグレージュカラーにならなかった方は是非ご相談ください。ブリーチが必要かどうか、髪の毛のダメージはどうか、しっかりとお客様一人一人にあったご提案をさせていただきます。髪の毛を綺麗に保ちながら一緒に流行りのグレージュカラーを手に入れませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの