Blogブログ

スタッフによるブログです

実は相性がいい!髪の毛の赤みにはオレンジカラーがオススメ

オレンジカラー

カラーリングの色を決めるときに暖色系カラーにするか寒色系カラーにするか分かれます。とくに髪の毛の赤みが気になる方は寒色系カラーを選ぶ方が多いのではないでしょうか?しかし、気になっている赤みをうまく活かすことで色持ちのいい可愛いカラーにすることができます。それがオレンジカラーです。暖色系はピンクのイメージも強いと思いますが、今回は同じ暖色系のオレンジカラーについてご紹介します。

オレンジカラーとは

オレンジベージュ

オレンジカラーとはその名通りオレンジ色のカラーになります。カラーリングでよく退色してオレンジになったりしますが、色落ちしてしまったオレンジ色ではではなく最初から髪の毛の赤みを生かしながらオレンジ色にすることで明るく可愛いオレンジ色にすることができます。オレンジの色味も、オレンジだけでなく他の色味と組み合わせることでいろんなオレンジを楽しむことができます。

オレンジカラーの魅力

オレンジカラーの魅力

オレンジと聞くと色落ちした後のイメージが強い方が多いと思います。しかし、あえてカラーリングでオレンジ色にする魅力もあります。とくにいつもは寒色系カラーが多いというかがに是非知ってほしいと思います。次のカラーに悩んでいる方は決めるときの参考にしてみて下さい。

赤みを活かせる

オレンジ系カラーの魅力は髪の毛の赤味を活かしてカラーリングできるということです。オレンジの色味は赤みがベースとなっているため、赤いメラニン色素がベースの日本人の髪の毛ととても相性がいいカラーです。カラーの色落ちの過程で赤味が強くなってしまっている髪の毛にも気にせず上からカラーリングすることができます。今まで赤味を気にしていた方はあえて赤味を活かしたオレンジカラーにしてみてはいかがでしょうか。

色持ちがいい

オレンジカラーは色持ちがいいのも魅力です。寒色系カラーと違ってもともと髪の毛の赤味を活かしてカラーリングすることで、髪の毛に定着しやすく色が長持ちしてくれます。とくにオレンジカラーはカラーリング後と退色後の色味の差が少ないため髪質が細くて退色が早い方にオススメです。

明るく見せることができる

オレンジは暖色系カラーの中でも黄色に近いため明るく見せることができます。とくに、しっかりと濃い色味を入れるとどうしても暗くなってしまうのですが、オレンジの色味は暗くても印象を明るくすることができ活発な雰囲気を出すことができるので雰囲気を変えたい方や暗く見せたくない方にオススメのカラーです。

オススメのオレンジカラー

ここでオレンジカラーをやろうか迷ってる方にオススメしたいオレンジカラーの仕上がりをご紹介します。実際にご来店したお客様の仕上がりなので、もしオレンジカラーをやりたいという方は是非チェックしておいてください。

オレンジとベージュを組み合わせたオレンジベージュ。オレンジは濃い色味が印象的ですがベージュと組み合わせることで柔らかい印象にすることができます。明るいけど柔らかい仕上がりは派手になり過ぎない大人可愛いオレンジカラーです。ベージュは肌になじみやすいのでオレンジと組み合わせることで初めてでも挑戦しやすいオレンジカラーになります。

ブリーチをして明るくした髪にオレンジカラーをした仕上がりです。ブリーチをすることでより明るく鮮やかなオレンジにすることができます。もともと髪の毛の赤味を活かしてカラーリングするオレンジカラーは、ブリーチの回数が少なく髪の毛に赤味が残っている状態でもカラーリングすることができるので太くて硬い髪質の方でも挑戦しやすいのでオススメです。

オレンジカラーに関するQ&A

オレンジカラーをした時やこれからしようと思っている人の疑問を解決していきたいと思います。カラーをする色ではなかなか馴染みがない色かもしれませんが、オレンジ色にはいいところがいっぱいあります。いいところを知ってオレンジカラーの疑問も解決しましょう。

Q.色落ちがオレンジということは、オレンジ系カラーは色落ちしない?

A.オレンジカラーでも色落ちはします。色落ちのした後の色味は入れた色や髪質にもよりますが、染める前よりオレンジ色が残った感じになることが多いいです。繰り返し染めることによって、退職した時の色味をより濃くしていくことができます。

Q. ブリーチしなくてもできる?

A.やりたい色味やトーンの明るさにもよりますが、オレンジカラーはブリーチをしなくてもできるカラーです。しっかりと鮮やかなオレンジを出したい場合や明るさをしっかりと出したい場合はブリーチが必要になりますが、もともと髪の毛の赤味を活かすカラーなので仕上がりが9トーンや10トーンであればブリーチしなくてもできます。

Q.黒髪からオレンジカラーもできる?

A.仕上がりにもよりますが黒髪からでもオレンジカラーにすることはできます。一度のカラーで明るくできるのには限界があるため一気に明るくするにはブリーチが必要になりますが、仕上がりが8トーンくらいであれば黒髪からでもオレンジカラーにできます。同じ8トーンでも寒色系のアッシュやマットに比べると明るく感じやすいので黒髪からオレンジカラーにする方にオススメのトーンです。

まとめ

オレンジカラー

オレンジ色は色落ち後に出てくる印象が強いと思いますが、それを活かしてあえてオレンジの色味を入れることで色持ちのいい可愛いカラーにすることができます。また、色を入れるとどうしてもベースの髪の毛よりも暗くなってしまいがちですが、オレンジカラーは明るく見せることができる色味なのでとにかく明るめカラーにしたいという方にぴったりなカラーです。オレンジカラーを体験してみたいという方は是非ご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの