Blogブログ

スタッフによるブログです

オリーブベージュで柔らかい透明感を手に入れよう

オリーブベージュ

大人気のベージュカラーからマット系のカラーのオリーブをご紹介します。こなれた透明感を感じられるのでいつもと違う自分に出会えるかも。

オリーブベージュとは?

オリーブベージュ

オリーブと聞くとオリーブの実を想像される方は多いかと思います。オリーブカラーはオリーブの実のようにマットカラーの緑色です。そのオリーブとベージュが合わさった色がオリーブベージュです。日本人の強い赤みをオリーブの緑が抑えてくれるので、くすみ感がひと味違う透明感を引き出してくれます。赤みのないカラーですがベージュが柔らかさをプラスしてくれるのでオリーブカラーをしたことがない方でも挑戦しやすいです。

オリーブベージュの魅力

オリーブベージュのとっておきの2つの魅力についてご紹介します。

柔らかい透明感

オリーブベージュ透明感

柔らかさを引き出すベージュカラーは大注目のカラーですが、もともとの赤みが強いとベージュでは消しきれない場合もあります。色相環で正反対のオリーブの緑はそんな赤みを消してくれます。青みのカラーと違って寒色が強すぎないので柔らかい透明感を出すことができるのです。

日本人の肌になじむ

オリーブベージュ

イエローベースのお肌が多い日本人にはイエローに近いオリーブがとってもよく合います。自然な透明感はお肌も柔らかくキレイに健康的にみせてくれるのです。また、オリーブベージュはどんなスタイルにも似合うので女性だけでなく男性にも似合うカラーのひとつです。

オリーブベージュヘアカタログ

実際にオーダーされたオリーブベージュをお客様に撮影許可をいただき、暗め、明るめ、ブリーチありの場合でまとめてみました。次回のカラーのご参考にご覧ください。

オリーブベージュ7トーン

ご来店時のBeforeがこんな感じです。

暗めオリーブベージュBefore

明るくなってしまったのを暗くして赤みを抑えた透明感のあるオリーブカラーにしたいとのオーダーでした。

オリーブベージュで染めたAfterが下の画像です。

暗めオリーブベージュafter

Before〜Afterで比べてみるとこんな感じです。

暗めオリーブベージュBefore after

7トーンの仕上がりです。こんなに赤みがあるベースでもしっかり抑えて透明感を出してくれます。赤みカラーからのカラーチェンジやオフィスにもオススメのトーンです。色落ちもベージュに落ちてくるので赤みを気にする心配もいりません。

暗めオリーブベージュ

別の角度からみた仕上がりです。赤みの強い方はオリーブを多めのレシピで作ります。オリーブカラーでも、しっかりオリーブを感じたい方や、さりげないオリーブを楽しみたい方もいますのでカウンセリングでご相談していきます。

オリーブベージュ9トーン

ご来店時のBeforeがこんな感じです。

明るめベージュBefore

赤みを抑えた透明感のあるベージュカラーにしたいとのオーダーでした。

オリーブベージュで染めたAfterが下の画像です。

明るめベージュAfter

Before〜Afterで比べてみるとこんな感じです。

明るめオリーブベージュBeforeAfter

9トーンの仕上がりです。こちらも赤みカラーからのチェンジですがオリーブを入れることで明るめでも赤みを消してくれます。明るいトーンの方がより柔らかさを感じられます。巻き髪のスタイリングはフェミニンさをプラスしてくれます。様々なスタイリングでいろんなオリーブベージュの印象を引き出します。

明るめオリーブベージュ

別の角度からみた仕上がりです。ベージュのくすみ感がある色はとても人気です。色落ちはオリーブ感が抜けてベージュか残るので次のカラーは他のベージュカラーでカラーチェンジもできます。

オリーブベージュ10トーン

ご来店時のBeforeがこんな感じです。

明るめオリーブベージュBefore

 

 

カラー剤でなるべくトーンアップして赤みを出さないベージュカラーしたいとのオーダーでした。

オリーブベージュで染めたAfterがこんな感じです。

明るめオリーブベージュAfter

Before〜Afterで比べてみるとこんな感じです。

明るめオリーブベージュBeforeAfter

10トーンにトーンアップのオリーブベージュです。とても明るくなりました。前の9トーンの画像よりも少なめにオリーブが入っているのでナチュラルな印象です。暗髪からトーンアップすると赤みが出てきやすいのでオリーブベージュで明るくすると赤みも抑えられて色落ちもかわいいです。

明るめオリーブベージュ

別の角度からみた仕上がりです。ブリーチなしで暗髪から人気のミルクティーベージュにしたい方にもオリーブベージュで染めるのをはさんでいただいて赤みを消していくようなご提案もさせていただいております。

ブリーチありのオリーブベージュ

ご来店時のBeforeがこんな感じです。

ブリーチありオリーブベージュBefore

ブリーチは前に一回しましたがオレンジ色を抑えてオリーブカラーにしたいとのオーダーでした。

オリーブベージュで染めたAfterが下の画像です。

ブリーチありオリーブベージュAfter

Before〜Afterで比べてみるとこんな感じです。

ブリーチありオリーブベージュBeforeAfter

オリーブ感をしっかり感じられるカラーです。くすみ感も出るのでカジュアルな服装にぴったりです。個性を出したい方はブリーチで楽しんでいただくのもオススメです。

ブリーチありオリーブベージュ

別の角度からみた仕上がりです。オリーブ感をしっかり感じられます。パサつきがあった髪の毛もカラーとトリートメントですっかりキレイになりました。ブリーチもして色味もしっかり出ているのでカジュアルな系統がお好きな方にオススメです。

オリーブベージュのQ&A

お客様からいただいたオリーブベージュについてのご質問を回答とともにご紹介します。

Q.地毛から染めましたが色落ちはどのくらい明るくなりますか?

A.何トーンで染めたかにもよりますが仕上がりのトーンから1、2トーンは明るくなると思います。

Q.オレンジのように落ちてきました。何か対処法はありますか?

A.おうちでできる対処法としてはカラーシャンプーを使ってオレンジ色を抑えていただく方法です。赤みが強い髪の毛で明るめに染めた場合はオリーブも薄く入っている状態なのでシルバーシャンプーを使ってオレンジ色を抑える方法をオススメします。

Q.グレージュ、オリージュ、ブルージュの違いはなんですか?

A.グレージュはグレーとベージュ、オリージュはオリーブ(緑)とベージュ、ブルージュはブルーとベージュが合わさったカラーです。

Q.オリーブベージュにするときはブリーチしますか?施術時間はどれくらいですか?

A.ハイトーンのオリーブベージュにしたい場合や仕上がりの明るさのご希望によってはブリーチが必要です。ハイトーンでない場合はブリーチなしでも綺麗に染められることが多いです。ブリーチをする場合は2時間半から3時間、カラーのみの場合は1時間半程の施術時間です。

Q.ブリーチ2回したオリーブベージュの色持ちはどのくらいですか?

A.かなりベースは明るいと思いますので1週間くらいでは色落ちしてくると思います。カラーシャンプーやカラートリートメントを使っていただいたり、アミノ酸系の洗浄力の優しいシャンプーで洗っていただくことで色持ちもよくなり、色落ちも綺麗です。もちろんサロンでもしっかりトリートメントもさせていただきますが髪の毛を乾燥させないようにおうちでもしっかりケアしていただくといいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。しっかり赤みを抑えるベージュカラーオリーブベージュをご紹介させていただきました。緑はちょっと、、、なんて方もこの柔らかい透明感を試してみるとよかったなんて方も多いです。暗めと明るめでは少し印象が違ったり、ファッションやメイクやスタイリングによっていろんなのオリーブベージュを感じられます。今大注目の柔らかい透明感のオリーブベージュぜひ一度試してみはいかがでしょうか。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの