Blogブログ

スタッフによるブログです

イルミナカラーで黒髪からアッシュグレージュにする方法

アッシュグレージュ

外国人風カラーの人気から寒色系カラーを選ぶ人が多いなか、アッシュグレージュの色味魅力を感じている方も多くいます。カラーリングをしようと思っている方の中には、初めてカラーリングをするという方や久しぶりにカラーリングをするという方もいると思います。その場合髪の毛は黒髪ですよね?そこからカラーリングをするとなると一度でできるのか気になるのではないでしょうか?そこで今回はイルミナカラーを使って黒髪からアッシュグレージュにする方法について紹介していきたいと思います。

アッシュグレージュとは

アッシュグレージュとは

アッシュグレージュとはアッシュ×グレー×ベージュを組み合わせたカラーです。アッシュとグレーはどちらも髪の毛の赤みを抑えてくれる寒色系カラー、そこに柔でらかい印象にすることができるベージュが合わさると重たく見えがちなアッシュカラーの印象を透明感のある柔らかいカラーにすることができるのがアッシュグレージュです。同じアッシュグレージュでも明るさを変えれば印象も変えられるのでいろんな明るさを楽しんでみてください。

ブリーチ無しで黒髪からアッシュグレージュにする方法

ブリーチなしで黒髪からアッシュグレージュ

ここからは黒髪からアッシュグレージュにする方法について説明していきます。黒髪の状態からカラーリングをするときに気になるのがブリーチが必要かどうか、一度のカラーリングでどんなアッシュグレージュができるのかということではないでしょうか?ブリーチはしたくない、という方もいると思います。そこでまずは、ブリーチなしでできるアッシュグレージュについて暗めと明るめのアッシュグレージュに分けて説明していきます。

暗めアッシュグレージュ

ブリーチなし暗めアッシュグレージュ

仕上がりを6トーンなど暗めにすると、色味が濃い薬剤を使うので髪の毛の赤みを抑えながらブリーチをせずにアッシュグレージュにする事が可能です。特に、イルミナカラーはブリーチをしなくても透明感を出せるのが特長です。仕上がりの明るさは暗くても光に透けると透明感があるアッシュグレージュになるので、一気に黒髪から印象を変えたくはないという方にはオススメです。ダメージも抑えられるのでカラーリングによるダメージが気になる人はイルミナカラーで暗めのアッシュグレージュにしませんか?

明るめアッシュグレージュ

ブリーチなし明るめアッシュグレージュ

細くて赤みが少ない髪の毛の人だと仕上がりの明るさによっては1度で明るくする事が可能な場合もあります。仕上がりに明るさは出しつつ自然に赤みを抑えたアッシュグレージュになります。反対に太く硬い髪質の場合だと一度で明るくできる仕上がりは少し限られてくる場合があります。そんな方でもブリーチをせずに明るめのアッシュグレージュにするには、明るめの薬剤でカラーリングを繰り返しベースを明るくしていくことで明るめのアッシュグレージュにする方法もあります。髪質によって回数は異なりますが、ベースをなるべく明るく持っていく事ができればブリーチほどではありませんが明るいアッシュグレージュにする事が可能です。

ブリーチ有りで黒髪からアッシュグレージュにする方法

ブリーチありで黒髪からアッシュグレージュ

ブリーチをせずにアッシュグレージュにする方法の次は、ブリーチを使って黒髪からアッシュグレージュにする方法です。一度のカラーリングでガラリと印象を変えたい方、しっかりと透明感のあるアッシュグレージュにしたい方、色落ちも楽しみたい方はブリーチをしてからアッシュグレージュにしようかなと考える人もいるのではないでしょうか?ブリーチなしに続き、暗めと明るめのアッシュグレージュに分けて説明していきます。

暗めアッシュグレージュ

ブリーチあり暗めアッシュグレージュ

暗めのアッシュグレージュでも、より透明感を出したい場合はブリーチが必要になります。ブリーチをする事で髪の毛の赤みを消す事ができるので、アッシュグレージュの色味を髪の毛に入れた時にしっかり発色させる事ができます。ベースの赤みを消して明るくできるほど仕上がりをくすますことができるので仕上がりによりグレーを強く出したい方にオススメです。また、ブリーチをして暗めの亜種グレージュを入れるとだんだんとベージュに退色していくので色落ちでも楽しめます。

明るめアッシュグレージュ

ブリーチあり明るめアッシュグレージュ

仕上がりをより明るく、赤みを消してアッシュグレージュにするにはブリーチが必要になります。ブリーチの回数は髪質により異なりますが、髪の毛が太い、硬い、赤みが強い人ほど必要なブリーチ回数は増えます。ベースの明るさを明るくできればできるほど、明るく薄い色味のアッシュグレージュにする事が可能です。また、ブリーチをしてベースの赤みを消すことでしっかりと透明感を出すことができます。淡い色味と透明感が人気の外国人風スタイルに憧れる方は是非試してみてください。

イルミナカラーでアッシュグレージュにするメリット

イルミナカラー

アッシュグレージュにする方法についてご紹介しました。ではアッシュグレージュにするとどんないいことがあるのでしょうか?カラーリングをするときに染めた後のメリットも色の決め手になりますよね。イルミナカラーで黒髪からアッシュグレージュにした時のメリットを3つご紹介します。この3つでカラーリングが決まらない方や髪の毛の悩みを解決できるカラーになれば嬉しいです。

赤みを抑える事ができる

赤みを抑えたアッシュグレージュ

まず、アッシュグレージュにした時の一番のメリットになるのが赤みを抑えることができるという事だと思います。アッシュグレージュはアッシュとグレーが含まれている寒色系カラーです。アッシュの色味には、もともと髪の毛の中にある赤いメラニン色素を打ち消すことができる力を持っています。上から入れる色味が濃いほど赤みを消すことができ、赤みを抑えることでより憧れの外国人風カラーに近づける事が可能です。

透明感が出せる

透明感アッシュグレージュ

イルミナカラーでアッシュグレージュにすると、赤みを消すことで得られる透明感とイルミナカラーの薬剤の特徴である仕上がりの透明感の両方の力の透明感をいかすことができます。透明感を出すと、髪の毛が重たく見せるのを防ぐ事ができます。暗いトーンでも重たく見せたくない場合は特にオススメです。また、イルミナカラーは太くて赤みの強い日本人の髪質に対応できるように開発されているので今までのカラー剤よりも仕上がりの質感をよくすることができます。

髪の毛のダメージを軽減できる

ダメージを抑えたイルミナカラー

知っている方も多いかもしれませんが、イルミナカラーはキューティクルへの負担を軽減しながらカラーリングをする事ができるように開発されたカラー剤です。初めてカラーリングをする方だと特に髪の毛にダメージが加わることに不安を抱く方もいると思います。それでもやっぱりカラーリングをしたいという気持ちがありますよね?そんな方にこそ、イルミナカラーでアッシュグレージュにすることでやりたい色とダメージの軽減両方を叶えることができます。

アッシュグレージュに関するQ&A

イルミナカラーを使って黒髪からアッシュグレージュにする方法とその魅力についてご紹介しました。それでもカラーリングをする前に疑問に思うことは皆さんそれぞれありますよね?実際にアッシュグレージュにしたくてお店にご来店頂いたお客様からも質問をたくさんもらいます。同じ疑問を持っている方もいると思うので回答と一緒にお答えします。ご来店前に少しでも疑問を解決できる力になれると嬉しいです。

Q.黒染めをしている黒髪でもアッシュグレージュにできる?

黒染めからアッシュグレージュ

A.黒染めをしている場合は仕上がりの明るさに関係なく一度黒染めを脱染することをオススメします。黒染めをしている上からカラー剤を塗布すること自体は可能です。しかし黒染めの色味は濃くパワーが強い為、他の色を上から入れても打ち消すことができません。そうなると根元の伸びている新しい髪の毛の部分だけ染まり黒染めをしたところは色が変わらない、ということが起こります。一度黒染めを落とすと黒染め前のベースの明るさを見ることができます。その状態から希望の仕上がりに合わせて薬剤を塗布することでムラや失敗を防いでアッシュグレージュにすることができます。

Q.アッシュグレーとアッシュグレージュはどう違う?

アッシュグレーとアッシュグレージュの違い

A.アッシュグレーはアッシュとグレーを組み合わせたカラー、アッシュグレージュはアッシュとグレーだけでなくそこにさらにベージュを組み合わせたカラーです。仕上がりの違いとしては、暗いトーンだと少しわかりにくい場合がありますがアッシュグレージュの方が柔らかい印象にすることができます。どちらを選ぶかは仕上がりの希望にもよりますがもともとの髪質、髪の毛の状態に合わせて選ぶこともできます。自分はどちらがいいのかわからない場合はカウンセリングの時にご相談ください。

Q.アッシュグレージュをお願いしたのに緑っぽくなりました

A.髪の毛にはもともと赤いメラニン色素が含まれています。これが私たち美容師が言っている髪の毛の赤みです。髪の毛の太さや硬さによっても変わってきますがこの赤みは一人一人強さが違っていて、その違いによってカラーリングが退色した時に赤くなりやすい人と黄色くなりやすい人に分かれます。アッシュが含まれているカラーで緑になってしまうのは、退色した時に黄色くなりやすい人です。アッシュグレージュはアッシュ、グレー、ベージュを使っていますよね。アッシュの青と髪の毛のメラニンの赤を合わせると紫になります。この紫にグレーとベージュを合わせることでグレージュが完成します。しかし、赤ではなく黄色の場合はどうでしょうか?アッシュの青と黄色を合わせると緑になります。この緑にグレーとベージュを合わせても緑が勝ってしまうのです。これがアッシュグレージュをお願いしたのに緑っぽくなってしまった原因です。緑にはなりたくないけど初めてのカラーリングだとわかりませんよね?そんな時は私たちがしっかりと髪質を見極めてカラーリングするのでご安心ください。

Q.縮毛矯正をしていてもアッシュグレージュにできる?

暗めアッシュグレージュ

A.これは仕上がりの明るさによって変わってきます。縮毛矯正をしている場合は、していない髪の毛と比べるとカラーの発色が少し違います。わかりやすく言うと明るくなりにくく、暗くなりやすいです。暗めのアッシュグレージュであれば可能ですが、明るめのアッシュグレージュを希望であれば一度で明るく染めるのは難しい場合が多いです。特にカラーリングが初めての場合だとベースの髪の毛は赤みが強い状態です。だんだんとカラーリングを繰り返してベースを明るくしていく必要があります。

まとめ

ブリーチなしグレージュカラー

イルミナカラーで黒髪からアッシュグレージュにする方法、いかがでしたか?ブリーチをするかしないか、仕上がりが明るいのか暗いのかで印象が大きく変わります。また、同じ黒髪でも髪質や髪の毛の状態は皆さんそれぞれ異なり、私たち美容師がしっかりと見極めてお客様一人一人にあった施術をご提案させていただくことがなりたいグレージュカラーにできることにつながります。どんなカラーにしたいのかというお客様の希望とそれを叶えて満足していただける技術、サービスを提供できるように一生懸命頑張りますので、グレージュカラーにしたいという方はぜひ一度私たちにご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの