Blogブログ

スタッフによるブログです

アディクシーカラーグレージュに関するQ&A

透明感を出すシアーカラーの中で鉄板と言ってもいい人気のグレージュ、皆さん一回はグレージュにしたことがあるのではないでしょうか。今までにグレージュカラーにしたことがある方も、これからグレージュカラーをやりたいとおもている方もカラーリングする前に疑問に思うことがあると思います。そこで今回はグレージュカラー希望でご来店いただいたお客様とのカウンセリング中に多かった疑問についてお答えしていきます。

初めてのカラーリングで黒髪からグレージュにするには?一回でできる?

グレージュカラー

黒髪から一度でグレージュにできるかどうかは希望の仕上がりによって変わってきます。仕上がりをどれくらいの明るさにするのか、ブリーチをするのかしないのか、色味の濃さはどれくらいなのか。そしてカラーリング前のお客様の髪の毛のメラニンは黄色が多いのか赤色が多いのか。これによってやりたい仕上がりは一度でできるのか、希望の仕上がりにするための工程と薬剤を決めます。

どれくらい明るくしたいのかが決まると薬剤を調合するときに一番トーンが高い薬剤は何レベルを使えばいいのか、そして色味の出方が決まるとメインで使う薬剤の色、全体のトーンレベルが決まります。
ブリーチの有無は上記2点により決まります。黒髪から明度が高い淡いグレージュや少し暗いグレー味がはっきりしている、ブラウンを感じない彩度の高いグレージュは基本的にブリーチが必要になります。髪の毛のメラニンタイプは、色味が発色するときに邪魔してしまうため補色の色と量を調節します。

ですので、求める髪色がグレージュ(ブラウン混じり)ならワンカラーで黒髪からでもグレージュにすることが可能です。特に最適なリフト力とブラウンを打ち消してくれるアディクシーカラーのシルバーとパープルガーネットの組み合わせならワンカラーでなるべくグレージュにしたいという要望を叶えることができます。

暗めのブラウンから暗髪グレージュはできる?ブリーチは必要?

暗髪グレージュ

暗めのブラウンから暗髪グレージュにすることはブリーチ無しでも可能です。しかし仕上がりにグレーの色味を強く出したい場合は、一度ベースとなるアンダートーンを明るくする必要があります。そのため暗くグレーの色味の強いグレージュは黒髪からだとブリーチが必要となります。この場合ブリーチ+オンカラーですので2回カラーすることになります。ブリーチの回数は髪の毛の状態や髪質によって異なる種ブリーチの明るくなり具合で髪の毛によっては2回以上必要な場合もあります。白っぽい印象を受けるような明るいグレージュもブリーチ必須です。おそらく大体のサロンで1回以上のブリーチが必要だと説明を受けるでしょう。グレーとベージュを組みあわせたグレージュカラーですが、そもそもベージュのベースとなっているののはブラウンの色味なので、ラウンから暗めグレージュにするのにはブリーチはしなくていい場合も多くあります。

グレージュをお願いしたら明るく緑っぽくなりました。何故ですか?

仕上がりが緑いんなってしまう原因はおそらく補色にあります。いくつか原因がありますが、大きな部分はグレージュの色味を出す為に組み合わせたカラー剤の中の補色が原因です。まず明るい原因はブリーチをしてからのオンカラー、もしくは以前ブリーチやトーンレベルの高いカラー剤を使ったことによってベースの髪の毛が明るく黄色っぽくなっている状態だと予想出来ます。そして緑っぽくなった原因ですが、グレーやアッシュ等の青味が強いカラー剤を塗布したにも関わらず緑になる、ということは黄色の補色の紫色がカラー剤の中に足りなかったということです。黄色に青色がのると緑になるのでそれを防ぐために黄色の補色の紫色を入れますが実はもう一つの役割があり、紫色に含まれる赤が緑の補色になるのでダブルで緑を抑えることになります。

グレージュカラーで緑にならないようにするためにはカラー剤に10〜15%程補色である紫色を入れる。もしくは黄色を感じにくい程ブリーチで髪の毛を明るくすることで綺麗なグレージュに出来ます。しかし黄色を感じないところまでブリーチをすることはダメージが大きく、白っぽくなるまで明るくした場合補色を入れすぎてしまうと反対に紫の色味が強く出てしまいます。今SNSで大人気のアディクシーカラーは赤味・黄味を感じさせないことに特化していますのでさらに透明感ある綺麗なグレージュを作り出してくれるオススメのカラーです。

グレージュカラーの色落ちは?

グレージュカラー 色落ち

グレージュカラーの色落ちはベースの髪の毛の明るさによって変わってきます。もともとベースが暗い場合は退色してくるとだんだんと色味が薄くなっていきベージュの色味が残ります。髪の毛の赤みがある状態なのでベージュと合わさってブラウンの色味に近くなります。赤みを消すカラーリングを繰り返すことで退色した後の赤みは少しずつ少なくなっていくため赤みが少ないほど退色後はベージュの色味が強く残ります。ブリーチをした場合だとわかりやすく、グレージュがだんだんと淡くなっていきミルクティベージュへと変わっていきます。ベージュの色味も退色してしまうとブリーチをした状態の明るさまで戻りますが、この退色した色味もブリーチをしていない時と同じく赤みを消すカラーリングを繰り返すごとにオレンジみがなくなり黄色っぽく退色していくようになります。

まとめ

グレージュカラー

お店にご来店いただいたお客様から多い質問をピックアップしてご紹介しました。この他にも気になることや疑問はたくさんあると思います。髪質や髪の毛の状態はお客様一人一人違います。お客様それぞれに合わせたカラーリングのご提案をさせていただきますので、グレージュカラーにしたい方や今までにグレージュカラーで思い通りにならなかったという方は是非一度ご来店下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの