Blogブログ

スタッフによるブログです

アディクシーカラーエメラルドで理想の髪色を手にいれよう

アディクシーカラーエメラルド

最近ではアディクシーカラーをやりたいという方が増えてきました。従来のカラー剤はブラウンをベースにしていましたがミルボンのアディクシーカラーはブラウン入っていないことが特徴です。発色がよく青味が髪の毛の赤味を削る力があり、しっかり透明感が出すことがでる外国人風カラーにぴったりのカラー剤です。また色味が濃いのでその分色持ちがよく、色落ちが楽しめることで人気ですよね。そんなアディクシーカラーの中でも赤みを消しながら柔らかさを出せるエメラルドについて今回はご紹介させていただきます。

エメラルドってどんなカラー?

アディクシーエメラルド

アディクシーカラーのエメラルドは赤みを消してくれる緑がベースのカラーです。緑と聞くと不安に思う方もいるかもしれませんが、真っ白な髪の毛でない限り緑になってしまうわけではありません。アッシュと同じく髪の毛の赤みを抑えることができる色味なので外国人風カラーにぴったりの色になります。単品でそのまま使っても綺麗に発色することができますし、他の色と組み合わせても相性がいいカラーです。色味が濃いため色落ちの過程や色落ち後にも赤みを抑えてくれる効果があるので日本人特有の赤味が気になる方にはオススメのカラーになります。

エメラルドの魅力とは

アディクシーカラー

エメラルドの一番の魅力は髪の毛の赤みを消すことができるということです。赤みを消すにはアッシュのイメージが強いかと思いますが、グリーンで赤みを消すことで仕上がりに柔らかい印象を加えることができます。また、ブリーチをしていなくても透明感を出すことができ、色落ちの際もしっかりと赤みを抑えながら退色するので、色落ちした後の髪の毛の赤みが気になっていたという方に是非オススメです。

オススメのエメラルドカラー3選

ここでオススメのアディクシーカラーエメラルドの仕上がりをご紹介します。同じ色味でも明るさが変わると印象が大きく変わってきます。次のカラーに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

アディクシーカラーエメラルド

暗めのアディクシーエメラルドの仕上がりです。低いトーンでしっかりと濃い色味を入れる事によってブリーチをしなくても赤みをしっかりと抑えることができます。お仕事であまり髪の毛を明るくできないという方はアッシュ系のカラーでトーンダウンされる方が多いと思いますが、マット系のカラーでもしっかりとトーンダウンすることができます。今までと少し印象を変えたいという方にオススメです。

アディクシーカラーエメラルド

明るすぎず暗すぎないアディクシーカラーエメラルド8トーンの仕上がりです。赤みは消したいけれど暗くなってしまうのは嫌という方はたくさんいます。そこでオススメなのが8トーンです。同じ寒色系カラーのアッシュよりも仕上がりに柔らかさを出せるマットでカラーリングすることで赤みを抑えながら暗く見えるのを防ぐことができます。

アディクシーエメラルド

ブリーチをしてアディクシーカラーで染めた仕上がりです。ブリーチでベースの赤みを消してからカラーリングをすることで仕上がりにしっかりとグリーンの色味を出すことができます。また、ブリーチでしか出せない透明感を出せるのも魅力です。色落ちしてくるとだんだんとグリーンの色味が出て行くので髪の毛に残っていた赤みを抑えながら自然なベージュカラーになります。

色を長持ちさせる方法

カラーをして数日経つとだんだんと色落ちしてきてしまい、なかなか綺麗にカラーリングの色味を保つ音が難しい問いうお悩みを聞くことが多いです。特に寒色系カラーは退色が早く感じることが多い為アッシュやマットはすぐに色が落ちますよね?と聞かれることがあります。しかし寒色系カラーでも自宅でのホームケアをしっかりとすることで暖色系のように色を長持ちさせることができるのでその方法をご紹介します。

アイロンの温度に気をつける

ストレートアイロン

髪の毛は熱によってダメージを受けてしまいます。アディクシーカラーは従来のカラーより熱に強いカラー材にはなっているのですが、やはりダメージを受けた髪の毛はキューティクルを開いてしまうのでカラーが流出しやすくなります。アイロンやコテを使う時は温度をを低めにしてみてください。目安としては140〜160度くらいでなるべく同じところに何度も熱を入れないように気をつけましょう。

髪の毛はすぐに乾かす

ホリスティックキュアドライヤー

髪の毛は水に濡れるとキューティクルが開きます。乾かさず濡れたままにしておくとキューティクルの隙間からカラーの色味が出て行ってしまったり枝毛の原因になります。キューティクルを閉じることで髪の毛の中に入っている色味や栄養分を閉じ込めることができます。色持ちを良くするためになるべく早く髪の毛を乾かして濡れた状態を短くするようにしましょう。

カラーシャンプーを使う

カラーシャンプー

カラーシャンプーは髪の毛の中に色味を補うことができます。濡れている髪の毛はキューティクルが開いており、その隙間から色味を入れてあげることでカラーリングの色持ちが良くなります。お店でカラーリングをした時のようにしっかりと色をいれられるとまではいきませんが、ほんのりと色味を補うことで退色の仕方も変わってきます。メーカーによって色味は様々ですがアディクシーカラーエメラルドでカラーリングした場合は寒色系の紫シャンプーがオススメです。

まとめ

アディクシーカラー

アディクシーカラーのエメラルドは赤みをしっかりと消して外国人風カラーを叶えてくれるからです。そのままでも綺麗に発色しますが、お客様一人一人の髪の毛の状態に合わせて他の色味と組み合わせることでより理想の仕上がりにすることができます。今までは髪の毛の赤みを消すためにアッシュ系カラーを繰り返してきた方、少し印象を変えてみたいという方はアディクシーカラーエメラルドを試してみてはいかがでしょうか。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの