Blogブログ

スタッフによるブログです

暗めアッシュベージュカラーの魅力とは

アッシュベージュ

髪の毛の赤みを消したい人は多いですよね。赤みを消すには寒色系のアッシュを選ぶ方が多いのではないでしょうか?そんなアッシュカラーの中でもアッシュベージュはよく聞く色だと思いますが、そもそもアッシュベージュとはどんな色なのかわかりますか?明るさによって仕上がりや印象が変わってきますが、今回はそんな気になるアッシュベージュの中でも暗めのトーンのアッシュベージュについてご紹介します。

アッシュベージュとは

暗めアッシュベージュ

アッシュベージュとは、アッシュとベージュを組み合わせた寒色系カラーです。赤味を消してくれるアッシュと、柔らかい印象にしてくれるベージュは男女問わず人気のカラーです。そんな人気の色味を組み合わせることでできるのが、みんなが憧れる赤味を抑えた透明感のある仕上がりのアッシュベージュです。透明感を出すこととベージュカラーの柔らかさを合わせることで重たく見えがちな寒色系カラーの印象を変えることができます。

暗めアッシュベージュの魅力

暗めアッシュベージュ

アッシュベージュとい聞いて想像するイメージはブリーチをした髪の毛のように明るめのカラーが多いと思います。しかし、暗めのアッシュベージュでもたくさんの魅力があります。同じアッシュベージュでも明るさや薬剤の割合を変えることで違った印象にすることが可能です。そこで今回はまず3つの魅力についてご紹介します。アッシュベージュにするとどうなるのか、実際に次のカラーリングを決める参考にしてみてください。

しっかりと赤味を消すことができる

暗めアッシュベージュ

アッシュは髪の毛の赤みを消してくれる色味ということはご存知の方も多いのではないでしょうか。特に、暗めのトーンの薬剤は明るめのトーンの薬剤に比べて色味が濃いのでその分赤みを打ち消す力も強くなります。アッシュベージュのアッシュの色味で赤みを消すことで仕上がりの髪の毛に透明感を出すこともできます。また、繰り返し赤みを消しながらカラーリングすることで退色した後の赤みも抑えることができます。

暗くても重たく見えない

アッシュベージュ色持ち

暗いトーンは色味が濃いということに加え、アッシュは暗くすると特に重たく見えてしまいがちな色味です。しかし、ベージュと組み合わせることで仕上がりを柔らかい印象にすることができます。アッシュとベージュをどのくらいの割合にするかで柔らかさの加減を変えることもでき、暗くしないといけないけど真っ黒にはしたくない、重たく見えるのを防ぎたい、という方には特にオススメのカラーです。

色を長持ちさせることができる

明るいトーンより色味が濃いのが特徴である暗いトーンの薬剤でカラーリングすると、退色するまでの期間を長くすることができます。カラーリングをするとだんだんとキューティクルの隙間から色味が出て行ってしまいますが、一気に出ていってしまうのではなくだんだんと出ていくので色味が濃い方が全て出ていってしまうまでに時間がかかります。ベースが明るい方や色落ちが早く長持ちさせたい方は暗めのアッシュベージュにすると長持ちさせることができます。

オススメの暗めアッシュベージュカラー

おすすめアッシュベージュ

アッシュベージュについての説明の次に気になるのが実際の色ですよね。暗めのアッシュベージュといっても、ベースの髪の毛の明るさやアッシュとベージュを組み合わせる割合によって仕上がりの印象が少しずつ変わってきます。わかりやすいように実際にご来店したお客様の仕上がりと一緒にオススメの暗めアッシュベージュについてご紹介します。もしきになる色がありましたらカウンセリングでご相談ください。

ベースが明るい方におすすめ

透明感アッシュベージュ

カラーリングを繰り返してベースの髪の毛が明るくなっている状態からしっかりとトーンダウンしたい方にオススメのアッシュベージュです。アッシュの割合が多めのカラーで、ベースが明るい状態から濃く色味を入れると透明感が出やすく重たく見えにくい仕上がりになります。根元と毛先では毛先の方がカラーリングをしている回数が多い為明るくなっているお客様が多いと思います。その為、毛先の方が透明感が出やすく光に当たると自然なグラデーションのようにできることもあります。

自然に赤みを消したい方におすすめ

重たく見えないアッシュベージュ

暗めのトーンでも、ベージュを少し多めに入れた柔らかい印象のアッシュベージュになります。こちらはブリーチをしていない髪の毛や、ベースの髪の毛が比較的暗めで赤みがある方、髪質が太くて硬いという方におすすめです。自然に赤みを抑えながら落ち着いた印象にできるので普段あまり明るくはできないけどカラーリングを楽しみたいという方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

ブリーチしている人におすすめ

ブリーチありアッシュベージュ

ブリーチをしてベースの髪の毛が明るい状態から自然にトーンダウンさせたい方にオススメなアッシュベージュです。トーンダウンはしたいけどアッシュだけだと真っ黒に見えてしまうのが嫌、という場合でもベージュが入っているアッシュベージュなら真っ黒になるのを防ぐことができます。ブリーチをして赤みが少ないため、光に当たると特に透明感が増して見えます。だんだんと退色してくると先にアッシュの色味が抜けてベージュが残ってくるので色落ちでも楽しむことができます。

まとめ

アッシュベージュ

今回は暗めのアッシュベージュについてご紹介しました。暗めのアッシュベージュでも髪質や髪の毛の状態、仕上がりに合わせてアッシュとベージュの割合を変えてあげることが理想のアッシュベージュにするポイントになります。髪の毛の赤みは消したいけどそろそろアッシュに飽きてきた、いつもは明るめのカラーだけど次は暗めに落ち着かせたい、という方は暗めのアッシュベージュに挑戦してみてはいかがでしょうか。気になる方は是非ご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの