Blogブログ

スタッフによるブログです

落ち着いた印象にできるアッシュ系カラーがオススメ

アッシュカラー

外国人風カラーのように髪の毛の赤みを感じさせないカラーが人気で、髪の毛の赤みを消したいという方はたくさんいます。赤みを消すためには反対の色味であるアッシュ系の色味を入れることで打ち消すことができ、仕上がりは暖色系と比べて落ち着いた印象にすることができます。そんなアッシュ系カラーについてどんな色なのか、退色するとどうなるのかについて今回はご紹介していきます。

アッシュとは

アッシュカラー

アッシュの色味については良く聞くと思いますが実際どんな色味かご存知でしょうか?アッシュというのは寒色系の青がベースとなっている色味ですが細かく言うと実際は青味がかった灰色という意味になります。灰色と聞くとグレーをイメージすると思いますがグレーは無彩色で、青みが含まれているアッシュは有彩色になります。カラーリングするときには髪の毛のベースの赤みと仕上がりによってこの色味の濃さを調節していきます。例えば青は髪の毛の赤みと反対の色味になるためカラーリングしたときに赤みを消す力があります。同じアッシュでもグレーの色味が強いアッシュでカラーリングすると仕上がりをくすませることができ、グレーの色味が弱く青みが強いアッシュはくすまず赤みを消すことができます。どちらも青みがネーストなっているのがアッシュカラーです。

アッシュ系カラーの色落ち

アッシュカラー

青味がによって髪の毛の赤みを消しているアッシュ系カラーは、退色してくると赤みが少しずつ出てきて色味が反対の色味に変わってくるため他の色に比べて色落ちが早く感じてしまうことが多いです。特にブリーチをしていない髪の毛の場合はカラーリング後は赤みを消すことができてもブリーチと違って実際に髪の毛の中の赤みを完全に取っているわけではないからです。カラー剤で染めて行く工程は、髪の内部にカラー剤を浸透させて元々の髪の内部にある色素を少しずつ脱色しながらカラー剤を発色させますがブリーチより色素を抜く力は弱いです。しかし髪の毛の赤みを消すカラーリングを繰り返すことで退色した時の赤みの出方は少しずつ変えることはできます。反対にブリーチをしている髪の毛の場合はカラーが退色してくるとだんだんとベースの黄色みが出てきてベージュの色味へと変わっていきます。

アッシュ系カラーに関するQ&A

ここで、実際にお店にご来店したお客様からのアッシュ系カラーに関する質問で多いものをご紹介します。ベースの髪の毛の状態や仕上がりの希望は一人一人違いますが、同じような疑問を持っている方もたくさんいると思います。参考にしてみてください。

Q.アッシュ系カラーは色落ちが早い?

アッシュ系カラーの色落ち

A.アッシュ系カラーの色落ちについてよく聞かれます。カラーの色持ちは髪質や髪の毛の状態によって少しずつ変わってくるのですが、アッシュ系カラーは色落ちが早いというより色落ちが早く感じます。髪の毛は元々暖色系である赤いメラニンがベースとなっています。暖色系カラーでカラーリングをした場合はベースの赤みと同じ暖色系なので退色してきても色みが大きく変わってしまうことはありません。しかし寒色系カラーのアッシュでカラーリングをした場合は退色してくるとだんだんと髪の毛の赤みが出てきて反対の色味である暖色系になっていくため色味の変化が大きく早く色落ちしているように感じてしまいます。 そのためもし色持ちを長く感じさせたい場合は低めのトーンで濃く色味を入れてあげることで長く色を持たせることができます。

Q.アッシュ系カラーをお願いしたら緑になった

A.アッシュは最初にも説明しましたが一般的に青がベースの色味です。髪の毛のベースの色がどんな色なのかによって、上からカラーリングをした時に発色が変わってきます。元々赤みが強い方やベースが暗い場合は緑になることはないと思いますが、ブリーチをしていたりベースが明るい方は髪の毛が黄色に近い状態なので上からアッシュのみを入れてしまうと色が合わさった時に緑になってしまいます。そのため、ベースの髪の毛が黄色よりの方は反対の色味である紫を混ぜてあげることで緑になるのを防ぐことができます。

Q.明るいアッシュをお願いしたのに暗くなった

アッシュ系カラー

A.寒色系カラーは暖色系に比べて暗く感じやすい色味です。同じトーンでカラーリングをしても暖色系の方が明るく見えてしまいます。そのため仕上がった時にどれくらいの明るさを感じたいのかをカウンセリングでしっかりと伝えることが大切です。また、ブリーチをしていない髪の毛をアッシュ系カラーで赤味を抑えたい場合はしっかりと濃い色味を入れることが必要なので、もし赤味をしっかり消したいというのを優先する場合は仕上がりが暗くなることも覚えておくとカウンセリングでも仕上がりをイメージしやすいと思います。

Q.黒髪でもアッシュ系カラーはできる?

黒髪からアッシュカラー

A.黒髪でもアッシュカラーにすることはできます。しかし黒髪からアッシュ系カラーをする場合は一度で明るくできる明るさが限られてくるので、仕上がりを明るくしたい場合や淡い透明感のある色味を出したい場合はブリーチが必要です。仕上がりが暗めのトーンや髪質が細く柔らかい方はブリーチをしなくてもアッシュ系カラーにできるため、しっかりとどれくらいの明るさや色味にしたいのかをカウンセリングで伝えることをオススメします。

まとめ

アッシュ系カラー

今回はアッシュ系カラーについてご紹介していきました。アッシュ系は気になる赤味を消したい場合や髪色を落ち着かせたい場合にはとても活躍する色味です。また、色落ちしやすいという観点から他の色と組み合わせて使用したり、カラーをした後にアッシュ系のカラーシャンプーやトリートメントをしていく事をおすすめします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの