Blogブログ

スタッフによるブログです

へアカラーによる頭皮トラブルの対処法とは?

ヘアカラー

今では国民の約7割がしているとヘアカラー。起きる頭皮トラブルや皮膚トラブルは年々増えているそうです。時代が流れるにつれてヘアカラー剤も低刺激なものに改良を重ねられてきてはいますが、体に無害なものであるかと言われれば全くの無害であると断言することは難しいです。今回は、ヘアカラーが起こす頭皮トラブルと、負担を軽減するにはどうしたら良いかについてご紹介させていただきます。

カラー剤による頭皮トラブルとは?

ヘアカラー

カラー剤によって引き起こされる頭皮トラブルにはアレルギー性接触皮膚炎と刺激性接触皮膚炎の2種類があります。

アレルギー接触皮膚炎

アレルギー性接触皮膚炎はファッションカラーや白髪染めなどの医薬部外品に属するものにより引き起こされる可能性があります。共通するのは、構成成分にジアミンというものが含まれていることです。
(ジアミン=パラフェニレンジアミン、硫酸トルエン2.5-ジアミン、パラアミノフェノール)症状としては、かゆみ・赤み・腫れ・ブツブツ・滲出液・顔全体の腫れなどが挙げられます。

刺激性接触皮膚炎

刺激性接触皮膚炎は、カラー剤に含まれている刺激物質が頭皮に付くことにより引き起こされます。パッチテストなどでアレルギー反応が出なかった方でも、もともと皮膚が弱く刺激を感じ取りやすい敏感肌の人や短いスパンでカラーリングを繰り返す人は刺激性接触皮膚炎になる可能性があります。アレルギーを持つ方が発症するアレルギー性接触皮膚炎とは違い、体調やホルモンバランスによっては誰もが起こりうる可能性があります。カラーの施術中頭皮に薬剤が付いている間にピリピリした痛みや弱い痒みを感じるようであれば、刺激性接触皮膚炎が起きやすい敏感肌であると考えられます。

頭皮トラブルへの対処法とは?

頭皮トラブルへの対処法を2つご紹介させていただきます。

アレルギー反応が出ないカラー剤を使用する

アレルギー反応が出るかどうかを確認するパッチテストで、アレルギー性接触皮膚炎反応が確認されるとジアミンが含まれているカラー剤は使用することができません。なのでもしカラーをするのであればヘアマニキュアなどのジアミンが含まれていないカラー剤を使用することになります。ヘアマニキュアはファッションカラーや白髪染めなどの酸化染毛剤や脱色・脱染剤と違い無害と言えるので、皮膚トラブルや肌荒れの心配はしなくても大丈夫です。アレルギー反応が出はしなかったが敏感肌のため刺激性接触皮膚炎が心配ということであれば、頭皮にカラー剤を付けない様にカラーリングをすることも出来ます。

頭皮にカラー剤を付けないテクニック

ヘアカラー

カラーテクニックの中の一つに、頭皮に付けずにカラーを行う通称ゼロテクというものがあります。これを用いる事で頭皮に負担をかけずにヘアカラーをすることが出来ます。カラーをする際、敏感肌・痛み・ヒリヒリ・痒み・しみる・かぶれ・湿疹・肌荒れ・ただれなどの症状でお悩みの方にはゼロテクでのカラーを推奨しています。短いスパンでカラーリングをしていると、たとえ低刺激の薬剤を使用していたとしても頭皮への負担は積み重なってしまいます。頭皮トラブルへの不安を感じる方は頭皮につけずにカラーリングをすることができるので、担当している美容師に相談してみましょう。

まとめ

ヘアカラー

今回はヘアカラーによる頭皮トラブルと、その対処法についてご紹介させていただきました。今回ご紹介した方法の他にも、カラーリングの間隔を空けて頭皮への負担を減らし症状を緩和させたり、セルフカラーをしている方は美容院の丁寧かつしっかりしたシャンプーで薬剤が頭皮に残ってしまい頭皮トラブルへ繋がってしまうことを防いだり出来ます。ヘアカラーを楽しむためにも、頭皮は大切に扱いましょう。頭皮のトラブルや、お悩みに合わせてご提案もさせていただきますので、是非ご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの