Blogブログ

スタッフによるブログです

縮毛矯正やストレートパーマで失敗しない方法

縮毛矯正とストレートパーマ

髪の毛のうねりや癖が気になって縮毛矯正をかけたいと思う方もいると思いますが、美容室のメニューには縮毛矯正と記載している場合とストレートパーマと記載している美容室があると思います。どちらで予約をすればいいのか、違いはどんなところなのかわからない方も多いと思います。また、お店で施術してもらったけど癖がのびなかったり仕上がりが不自然になってしまった経験はありませんか?そこで縮毛矯正とストレートパーマの違いや失敗しない方法について説明していきます。

縮毛矯正とは

縮毛矯正

縮毛矯正とは薬剤と熱(アイロン作業)の力を使って癖のある髪の毛をストレートに矯正する技術のことです。毛髪内部の組織の結合を薬剤によって一度切断し、まっすぐにした状態で固定することで髪の癖をまっすぐに伸ばします。髪質に合わせて薬剤の強さや放置時間を変えることで太くて硬い髪の毛や細くて柔らかい髪の毛でもしっかりと癖を伸ばすことができます。縮毛矯正がきちんとかかっていれば縮毛矯正をかけた部分は基本的に半永久的に持続しますが、根元の生えてくる新しい髪の毛は癖が出てくるので伸びてきたらまたかけることでストレートを維持することができます。

ストレートパーマとは

ストレートパーマ

ストレートパーマとはストレートにするパーマということで、パーマをかけて髪の毛にカールをつけた状態をまた元のストレートの状態に戻すためにかけるパーマです。縮毛矯正の薬剤と違って髪の毛の元々の癖をとるものではないので薬剤のパワーが違います。ストレートパーマの方が弱い力で髪の毛をストレートにするので元々癖の強い髪質の場合だと癖が伸びないことがあります。しかしそんなに髪の毛の癖が強くない場合や広がりやすく自然にボリュームを抑えたい場合などはストレートパーマでも施術可能です。

縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正とストレートパーマ

縮毛矯正とストレートパーマいついて説明しましたが、実際に比較した時にどんなところが変わってくるのでしょうか?施術する工程での違いと仕上がりについて比較していきます。

施術の流れ

縮毛矯正

縮毛矯正とストレートパーマは、どちらも髪の癖を取り除いて、真っ直ぐにする施術ですが、この2つの決定的な違いはアイロンの熱を与えていくいく工程があるかないかです。ストレートパーマの場合はパーマによって固定されたカールの形状の結合を薬剤の力によって切断します。そうすることで髪の毛は元々のまっすぐの状態に戻ろうとする力が働きカールを作る前のようにまっすぐになります。そのままだと結合は切れた状態なのでもう一度自然な状態で固定させて終わりです。縮毛矯正は元々癖のある髪の毛内部の結合を切断してからアイロンの熱の力を使って髪の毛をまっすぐに形成していきます。そのあとにまっすぐストレートの状態で固定させる薬剤をつけるのが縮毛矯正です。どちらとも髪の毛の結合を切る薬剤と固定させるための薬剤を使いますが、髪の毛を固定させる前に熱を加えてしっかりと形を作るのが縮毛矯正です。

仕上がり

縮毛矯正とストレートパーマ

縮毛矯正もストレートパーマも仕上がりをまっすぐストレートにするものです。しかし癖を伸ばす場合とつけたカールを伸ばす場合では少しずつ仕上がりの質感が変わってきます。縮毛矯正は元々癖の強い髪の毛をまっすぐストレートにするためサラサでしっかりとまっすぐに伸びたストレートヘアになります。反対にストレートパーマはかけたカールをまっすぐにするのでしっかりというよりは自然な感じでストレートになります。そのため癖の強い髪の毛にかけた場合だとストレートにするのではなく少しボリュームをおさえられるくらいの仕上がりになります。

仕上がりが不自然になる原因と対処法

縮毛矯正とストレートパーマ

では実際に美容室に行って縮毛矯正やストレートパーマをかけてもらったけど仕上がりがイマイチだったり扱いにくくなってしまったという方もいるとは思います。仕上がりの悩みとどうしてそうなってしまうのかという原因、対処法についてご紹介していきます。

トップのボリュームがなくなる

縮毛矯正とストレートパーマ

トップの髪の毛の分け目がペタンコになってボリュームがなくなってしまったという方は多いのではないでしょうか?髪の毛の癖はまっすぐ伸ばしたいけれど、分け目にはふんわりとボリュームが欲しいですよね?癖がない方でも髪の毛がロングの方だと重さでペタンコになりやすかったり髪質が細い方は気になる方が多いです。そのうえ縮毛矯正をかけると余計にボリュームがなくなって分け目が気になりますよね。対処法としては二つあります。まず一つは縮毛矯正やストレートパーマのかけ方です。ペタンコになりやすい分け目やふんわりとボリュームを残したい部分を根元から少し多めに間をあけて薬剤を塗布します。縮毛矯正は基本的に根元に薬剤をつけないので少し間をあけて薬剤を塗布しますが、ボリュームがほしいとことろを多めに間をあけることで元々のボリュームを残すことができます。そして二つ目は分け目の乾かし方です。いつも同じ分け目で乾かしているとペタンコになりやすくなります。しっかりと根元を立ち上げるように髪の毛を上に持ち上げて乾かしたり、いつもと反対方向に分けて乾かした後に元の分け目にすることでボリュームを出すことができます。

前髪が浮いてしまう

縮毛矯正とストレートパーマ

縮毛矯正で多いのですが前髪を作っている人にありがちなのが乾かすと前髪が浮いているということではないでしょうか?前髪は髪の毛の中で特に短い部分なので軽くて浮いてしまいやすくなります。その上まっすぐに伸ばしてしまうとシャキンとなってしまいますよね?原因はアイロンの熱のいれ方にあります。まっすぐ前に向かってしっかりとアイロンを入れてしまうと直線的になり過ぎてしまい仕上がりが浮いてしまいます。そのため少し丸みをつけるようにアイロンを入れることが大切です。しかしこれは私たち美容師側の技術ですので、お客様が自分でできるわけではないですよね。もし前髪がまっすぐ浮いた仕上がりになってしまった場合に自分でできるのはスタイリングです。乾かすときにマジックカーラーで自然な丸みをつけてあげると自然な丸みを出すことができます。アイロンやコテで毛先にカールをつけることもできますが、その場合は温度に注意してください。高温でやってしまうと失敗しやすいので低い温度で自然にカールをつけてみてください。

仕上がりが真っ直ぐになりすぎる

縮毛矯正とストレートパーマ

これも縮毛矯正で多く髪の毛の癖をまっすぐにお願いしたけど不自然なまっすぐさになってしまった、という方もいますよね。針金のようにまっすぐシャキンとした仕上がりは印象も硬くなってしまいます。できれば自然なストレートにしたいものです。髪の毛がまっすぐになり過ぎてしまう原因は二つあります。一つは薬剤選定です。髪の毛の結合を切る時に薬剤の力が強すぎるとそのあとにアイロンを入れて固定させた時に必要以上に反応してしまい仕上がりがまっすぐになり過ぎてしまいます。二つ目はアイロンによる熱の加えすぎです。アイロンの熱は髪の毛のたんぱく質を変性させることでまっすぐになります。その際にアイロンを入れ過ぎてしまうとたんぱく質が熱によって硬く固まってしまい、そのまま固定させると仕上がりも硬いまっすぐな髪の毛になり過ぎてしまいます。人それぞれ違う癖がどの程度の薬剤の強さとアイロンの温度で伸びるのかを最小限の力で施術することで、髪は柔らかさを保ったままの自然な仕上がりになります。

癖が伸びていない

縮毛矯正やストレートパーマで髪の毛の癖が伸びない原因は基本的に薬剤選定が原因となります。髪の毛の癖を伸ばすためには最初に髪の毛の結合を切るための薬剤が重要になってきます。髪の毛の太さや癖の強さ、髪の毛のダメージに合わせてお客様一人一人にあった薬剤の強さを選びますがこの強さが弱い、または放置時間が足りないと癖が伸びません。髪の毛の癖が弱くストレートパーマで施術したけど癖が伸びなかったという方は縮毛矯正にきりかえる方法もあります。ストレートパーマは縮毛矯正よりも癖を伸ばすパワーが弱いため癖が伸びない原因となることがあります。しかし髪の毛のダメージが強い場合は強い薬剤を使えないという場合もあるのでしっかりと髪の毛の状態を見極めることが大切です

まとめ

縮毛矯正とストレートパーマ

縮毛矯正とストレートパーマについて違いや失敗しない方法をご紹介しました。自然に髪の毛のボリュームを抑えたい場合やパーマをかけた髪の毛をまっすぐに戻したい場合はストレートパーマを。髪の毛の癖をしっかりとストレートにしたい場合は縮毛矯正をかけるのが良いと言えます。また、最近ではメニューにどちらかしかない美容室もあります。お客様の悩みや希望の仕上がりに合わせて私たち美容師側が提案してお客様に合っている方法で施術するということです。縮毛矯正とストレートパーマで失敗しない方法についてご紹介はしましたがしっかりと経験と技術のある美容師に出会えることも大切です。どちらが良いかわからないという方、今までに失敗したことがあるという方は是非私たちにご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気のイルミナカラー

イルミナオーシャン
イルミナトワイライト
“イルミナフォレスト”
“イルミナオーキッド”

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの